トップに
戻る

メバリング自己記録更新! ホームグラウンド編【ばってん釣りキチ!アツシとゆかいな仲間たち】#16

金曜日が近づいてくると
ソワソワ、、ソワソワ、、が止まらない釣りキチ!アツシとゆかいな仲間たちのお時間です。

前回ニューロッドを試してみてフロートの感触が良かったので、
いつもの釣具屋さんでフロートグッツを少し揃えてみました。

Arukazik Japan アルカジックジャパン
・シャローフリーク F10.5g
・シャローフリーク ダイブ D8.1g
・シャローフリーク プチ F3.3g

ジグ単では届かない沖のポイントをフロートを使ってガンガン攻め込んでみます!

まずはシャローフリークF10.5gを藤原真一郎先生考案のFシステムで。

このフロートは残浮力0.6gという設定になっているようなので、
ジグヘッド+ワームの重量が0.6gを超えるとゆっくり沈んでいきます。

ということで、最初は表層から攻めていきたいのでジグヘッド0.3g+ガルプからスタートしますが反応なし。
ジグヘッド0.3g→1.0gに変更してカウントダウンを取りながら中層からボトム付近を探っていると、、

16cm前後のレギュラーサイズのメバルゲット!

投げる方向を色々変えながらボトム付近を探っていると、
やたらと藻が引っかかってくるポイントを発見。

この藻が引っかかる周辺を集中的に探っていると
プリリーン!といいアタリ!

すかさずバシッと合わせると、ちょっときつめの設定だったはずのドラグが思いっきり走り出します!
シーバスかな?と思いながらゆっくり寄せてくると、、

デカメバル!

自己最大の27cm★★★

レギュラーサイズと並べてみると、、、

デカメバルの突っ込んでいく感じの引きは最高でした(/・ω・)/

その後は、

タコ。。。

ミニバスに、

シャキーン!

チーバス2

普段ジグ単では攻めきれないポイントをフロートを使っての遠投で狙って、
イイ感じに釣果を伸ばすことができました。
まだまだ修行が必要ですが、フロートが新たな武器になりそうです!

ちかっぱ釣り講座

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集