トップに
戻る

【街の小ネタシリ~ズ】完売注意!控えめな甘さがタマラないおはぎ『平野松栄堂』

和のスイーツと聞いて頭に浮かぶものは人ぞれぞれですが私と同じくおはぎが浮かぶ人も多いはずで今日はそんな方々にぜひとも行っていただきたいお店のご紹介です。フーッ。

場所は福岡県大野城市牛頸4丁目の交差点近く。『酒のディスカウント マルタマ』のお隣です。車はこちらの駐車場に停めても良いそうです。

お店の名前は『平野松栄堂』。↑こちらの建物です。

一見すると普通の民家で、二度見しても民家。。。

ただよく見ると、、、

美味しいおはぎ あります。ですって!!

さらに位置を変えると、、、

ちゃんとお店です!

店名の通り、商品はおはぎのみ。つぶ餡とこし餡の2種類のみです。

訪れたのは日曜日の昼1時ごろでしたが、すでにこし餡は午前中で完売。あるのは、つぶ餡の2個入りと5個入りがそれぞれ1パックずつのみという人気っぷり。危なかったです、、、

次は早めに来て、食べ比べにチャレンジです。

本日は家族の人数分の5個入り(736円 税抜)パックを購入。そのまま近くの公園に持っていき、子供たちは遊びの合間にパクついてました。

すみません、雑にバッグに入れて持って行ったため、完全に形が崩れてしまっています、、、

はい、整えなおして、再度パチリ。

あずきのつぶのツヤツヤ感と無駄な添加物がなさそうな色合いがたまりません。

お味のほうは、甘さ控えめですが、あずきの風味がしっかりとわかる絶妙なバランス。甘すぎると、この風味がわかりにくくなりますもんね。この甘さとあずきの風味のバランス感の試行錯誤と、確立した味のキープには相当な手間暇がかかっているはずです。

ひと口食べると、見た目通りにあずぎの食感が粒だっており、これまた粒立ち感が食べ応えあるお餅部分としっとり絡み合います。ホントおいしい、、、

思わず、断面をパチリ。届け!少しでも!!このおいしさ!!

以前はTVでもよく紹介されており、それでご存じの方も多いはず。私の場合は当社イチの食いしん坊&情報通である、統括編集長に教えてもらいました。

古後編集長、ありがとう。間違いなかったばい!

 

『平野松栄堂』

住所:福岡県大野城市牛頸4丁目3−13

定休日:第1第3月曜日

営業時間:AM10:00~(なくなり次第閉店)