トップに
戻る

みやま市「みやまの自然素材が生み出す天然の清香&艶やかな木蝋」

「みやまの木」クスノキが生む天然の清香

「樟脳」と呼ばれるクスノキから抽出された結晶は、防虫用品として古くから親しまれてきたもので、医薬品や香料の原料にも使用され、昔は日本を支える大きな産業の一つでした。しかし石油化学製品の登場で衰退し、天然品の国内生産は瀬高町にある「内野樟脳」のみとなってしまった時期もあります。

現在五代目として樟脳づくりに励む内野さんは、昔ながらの製法を守り続けています。九州産のクスノキのみを使用し、削り出したチップを高圧で蒸して、その水蒸気を冷却することでできる結晶を脱水・脱油します。手間のかかる工程を経て、純度の高い天然の樟脳が完成します。

「マニュアルに頼るのではなく、火の音、水の音に耳を傾け、色や香りなど五感を使ってつくります」と内野さんは話してくれました。

樟脳(しょうのう)…防虫・芳香・防臭効果があり、衣類や靴を爽やかな香りで包んで守ってくれます。工程の途中で抽出されるオイルはアロマオイルとしても使用ができます。

 

世界に誇る自然素材の艶やかな木蝋

嘉永3年創業の「荒木製蝋」は、国内で木蝋をつくっている3社のうちの1社です。なんと!九州内では唯一の企業なんです!九州一円から集められた櫨の実から蝋を抽出し、天日で1カ月から2カ月ほど干すことで漂白され、琥珀色から真っ白に色が変化します。100%天然由来のため口に入れても害はなく、医薬品や化粧品、クレヨン、ろうそくなどの原料になり、国内外に広く出荷されています。しかし、安価な石油系パラフィン蝋の登場で、収穫にも労力のかかる櫨の生産は縮小してしまいます。植えて一定量実るためには10年くらいの月日が必要なのです。

七代目・荒木眞治さんは「天然だからこそ資源は自分たちで育てることができる。安全で良質である自然素材のすばらしさを伝えていきたい。」と、蝋農家と協力しながら、木蝋というモノづくりの文化を守り続けています。

 

秋の季語でもある櫨の実を昔ながらの製法で木蝋に。しっかり漂白することで、かぶれ防止にも!荒木さんは木蝋を守るために、生産者を増やすための活動も行なっています。

**——————————————-*

【内野樟脳】click

[所]みやま市瀬高町長田1863-1

[☏]0944-62-2985 ※見学可(要連絡)

 

【荒木製蝋合質会社】click(福岡県観光情報公式サイト)

[所]みやま市高田町江浦町386

[☏]0944-22-5313 ※見学可(要連絡)

 

【みやま市公式ホームページ】click

**——————————————-*