トップに
戻る

絶対にすべらない福岡手土産!創業42年。老舗弁当屋の黄金色のホクホク焼きいも!

六本松の宝!『すしハウス』の黄金焼きいも!

九大生を中心とした学生街の聖地だった姿はどこへやら!? ここ数年、九大移転後の六本松は再開発が進み、高層ビルやおしゃれなショップが立ち並ぶ、今や福岡を代表する人気観光スポットのひとつになりました。
しかしながら、昔ながらの長屋商店がある表通りの一角や、通称「裏六(ウラロク:裏六本松)」と呼ばれる裏通りには、まだまだ元気いっぱいに営業している老舗がたくさんあり、まちのみんなから愛され続けている。新旧の大衆の味方的ショップの融合! これこそが六本松のいいところであり、醍醐味だと思う。

そんな古き良き六本松の象徴のひとつがこの『すしハウス』だ。
ちょうど少年科学文化会館や六本松TSUTAYAがある交差点の角地にある、六本松のランドマークである。


この地で創業して42年の老舗弁当・総菜店。太巻きずし、大盛りのから揚げ弁当など、ショーケースや壁に並ぶメニューは大衆グルメの名物オンパレード! 大食漢の若者から、子沢山家族の食卓まで、六本松の胃袋を支えて40年以上、手作りのごちそうでまちを元気にしてきた、名店中の名店なのだ。

そんな『すしハウス』の超絶人気の名物がこちら『焼きいも』(100g120円〜)

鹿児島産「安納芋」を使った贅沢な逸品ながら、この価格とは…さすが大衆グルメの鏡!『すしハウス』あっぱれ!正真正銘の石焼きいものうまさは半端ないっす!!!!!!

自分用はもちろん、手土産にも大人気の『すしハウス』の自家製焼きいも。次から次に客がやってきてはどんどん売れていくので、慌てて私も購入していると「この間なんか、ウチの焼きいもが珍しい安納芋でウマイ!って評判を聞きつけて、テレビの取材がきたけど『これは他店舗に比べて安すぎるけん、ほかが売れなくなるから…やっぱりやめときます〜』っていいよんしゃったよ!」と笑顔が絶えないスタッフのおばちゃんたち。ほかでは「買えない味!」ほんと、その通りやと思います!

この黄金色の焼きいもはじめ、太巻きずし、からあげ…名物を生み出してきたのが、こちらの『すしハウス』店主・津城さん、御歳75歳!!!!!!!!!! 現役バリバリの大将の笑顔にいつも元気いただいています!

大将によると、こちらの安納芋の焼きいもは焼きたてはもちろんウマイけど「常連さんが教えてくれたっちゃけど、一日置いて翌日だべたら、芋ようかんみたいな味わいでこれまた絶品なんよね!ぜひ試してみて〜!」とのこと。

同じく安納芋をつかった『大学いも』(270円〜)も当然ながらバリうま&バリやす〜〜〜!!!!

最近、おしゃれな焼き芋専門店も増えてきているが、こういうまちにそっと咲いている「老舗の焼きいも」も、ぜひお試しを〜〜!

すしハウス

住所:福岡市中央区六本松2-14-1
電話:092-714-1910
営業時間:10:00~18時から19時頃(弁当11時頃〜)※材料がなくなり次第終了
定休日:木曜、日祝日
駐車場:なし
カード/不可