トップに
戻る

Fuku Spo – アビスパ福岡/中村 駿

MF 中村 駿(なかむら しゅん・背番号40)

「逃げるのは簡単」

だから常にチャレンジしたい

今季の目標である「J1残留」、「勝ち点50以上」を見事に達成したアビスパ福岡。果たして、このまま10位以内を死守できるのか…! 最後戦まで目が離せない。

 

自分の良さを活かしながら、チームにいい影響をもたらしたい

今年は怪我が続いていて、湘南ベルマーレでもスタメンで使われる機会が減ってきていた時に、アビスパ福岡から移籍のお話を頂きました。常にチャレンジしていこうって、この世界に入ったときに自分の中で決めていたので、新しい環境でチャレンジしたいと思って移籍を決めました。

アビスパはチームとしての一体感があって、選手同士もすごく仲がいい印象ですね。戦術はベースとなっている部分が湘南と似ているところがあるので、そこに対して自分は迷うことなくプレーできています。幸運なことに加入してすぐにオリンピック期間があって、チームからどういうプレーが求められているのかを理解する時間があったので、自分にとってはすごくプラスの時間でした。

僕の強みはボールを奪えるところと、前に出ていけるところだと思っているので、自分の良さを活かしながらチームが求めているプレーができるよう常に意識しています。J1に来てからプレースピードが格段に速くなったので、そこでしっかりと戦えるようにしていきたいですね。

 

サッカー選手の前にひとりの人間として

僕の親は野球好きだったので、小学生時代は野球の練習に参加させられていたんですけど、なかなかハマらなくて…。通っていた小学校のサッカークラブの練習を毎週ひっそり見学しに行っていたんです。そのことに親が気づいて、「サッカーやってみたら?」と言ってくれたのが、サッカーを始めるきっかけになりました。

小さいころはサッカー選手になりたいという夢もなく漠然としていました。ずっとサッカーをやっていてもプロのサッカー選手っていうのは遠い存在で、あまり考えずにコツコツ練習をしていました。大学4年生になって進路を決めるっていうときに何をやりたいのか考えたら、自分はサッカーしかやってこなかったし、ここまでやってきたからこそまだやりたいって気持ちがあることに気付きました。その気持ちと、周りからの評価が合致したおかげで今の自分がいると思います。

サッカー人生で苦しかった時期は結構あります。特に、大学時代は自分がそれまでやってきたサッカーとは違った新しいサッカーと出合った時期でもあったので、そこは難しい4年間だったし、学びのある4年間でした。駒澤大学出身なんですけど、独特なサッカーだったので、人間的にも成長させられました。辞めたいって思うことは何回もありましたね。逃げたいなって…。でも、逃げるのは簡単なことだって自分に言い聞かせて、なんとか逃げずにここまで来ました。

僕が1年目でザスパクサツ群馬に入った時に出会った松下(裕樹)選手は、今でも尊敬している方です。日頃の振る舞いだったり、サッカーに対する取り組みだったりは尊敬するところがたくさんありました。今でも連絡は取り合っているんですけど、サッカー選手の前に人間としての在り方が大事だと思うので、松下選手の人として芯が通っている部分など、見習いたいですね。

 

〈編集部からのQ&A〉

Q.休日の過ごし方は?

家族がいるので、妻と子どもと過ごしています。最近はコロナもだいぶ落ち着いてきたので、いろいろなところに足を運べるようになりました。それでも屋内よりは屋外がいいかなと思って、大濠公園とか、シーサイドももち海浜公園に行きました。

 

Q.仲がいいことで有名な山岸選手は、中村選手にとってどんな存在ですか?

(苦笑)…。プロ1年目のザスパクサツ群馬時代から一緒にプレーするのは3チーム目なので、普通の選手の一人ではないですね。今はチームメイトですけど、競い合いながら、やっぱり彼には負けたくないと思っています。プライベートでもよくご飯を食べに行きますが、その時はサッカーの話もしますし、前に所属していたチームの話とかもします。僕がアビスパに移籍する前から、「絶対このチーム合うからこっち来いよ」って彼からは言われていて、移籍が決まった瞬間に報告したら、本人が一番驚いていました。(編集部:今後もずっと一緒になりそうですね。)もう充分です(笑)。

 

Q.他に、仲の良い選手はいますか?

皆まんべんなく仲いいですけど…。吉岡が大学の後輩なんですよ。多分彼は僕のこと怖がっていたので、普通に喋りますけど、仲がいいという感じではなかったです。プロになっても、大学の時の関係のままきている感じですね。吉岡が僕に対してちょっと壁を作っている感じがします(笑)。

 

サポーターの皆さんへひとこと!

J1残留という、これまでのアビスパが長い間実現できなかったことを今年の僕たちは成し遂げましたが、これからも試合は続きます。一つでも多くの試合で勝ちたいし、それがいい順位に繋がってくると思っています。僕たちを支えてくれるのはサポーターの皆さんの応援だと思うので、最後までアビスパ福岡を後押ししてくれたら嬉しいです。

 

〈PROFILE 〉

今年8月に湘南ベルマーレからアビスパ福岡へ完全移籍。ここぞというタイミングでは前線で戦い、ディフェンス面では確実にボールを奪うなど、攻守においてマルチに活躍する。福岡でやりたいことは、屋台でご飯を食べること。

広告・WEB制作・その他のご依頼はこちら