お問合せはこちらお問合せは
こちら

国際アートイベント・ボランティアスタッフ説明会のお知らせ

国際アートイベントを一緒に創ろう!
世界各国で活躍する芸術家が福岡で制作、交流する文化イベント

2019年 夏 「九州インターナショナル アートキャンプ」
ボランティスタッフ募集・大説明会を12月2日(日)天神イムズにて開催!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

九州インターナショナルアートキャンプ実行委員会が、世界中のアーティストたちが一定期間寝食を共にし、地域に溶け込んで制作や交流を行う「九州インターナショナルアートキャンプ」のボランティアスタッフを大募集。

この「アートキャンプ」は「アジアアートリンク」呼ばれるアジアを中心としたアーティスト同士の交流から、ここ10年タイ、インドネシア、ベトナムなど各国で開かれており、このムーブメントが福岡へ来年やってきます。
この国際アートイベントを一緒に創る、協力できるボランティアスタッフの募集・説明会を下記日程で開催します。

 

「アートキャンプ」とは 
アーティスト自身が会場となる街に滞在し、作品の制作と展示、市民交流によって地域の芸術文化の向上を意図する文化事業です。
渡航費をそれぞれ作家側が負担し、一方で滞在場所や食事、画材などはキャンプ地となる街の人が提供をし、キャンプ後に作品を寄贈してもらうのが一般的なスタイル。地元の企業や
街の人からクラウドファンディングで資金を集めることで、参加意識を共有する目的があるためです。お金だけでなく、たとえばホテルであれば客室を提供したり、飲食店なら一食提供したり自分ができることなら何でもいいので、とにかくアートを応援しようという気概が街に生まれることが重要なのです。

ボランティアスタッフ大説明会

日時:12月2日(日)13:00 ~ 15:30
会場:イムズ8階 ABSS 会議室 (福岡市中央区天神1-7-11)
内容:制作アシスタントや、通訳、炊き出しなど協力いただける方へ、イベントの趣旨、概要など説明いたします。
※参加いただける人は、facebookのイベントページに参加表明していただけると、人数があらかじめ予測できて、ありがたいです!

お問い合わせ フリーダイヤル 0120-319-444(八坂圭アートスタジオ)

詳細 https://www.facebook.com/events/459942324412927/

九州インターナショナルアートキャンプ2019(KIAC2019)

■日程
◎制作 2019 8月21日(水)~28日(水)
会場:制作/簀子小学校跡地(福岡市中央区大手門3丁目)

◎展示 2019年8月26日(月)~ 9月1日(日)
会場:ギャラリー風にて展示(福岡市中央区天神2-8-136 新天町)
※期間中、ワークショップや交流イベントなど多数開催予定

■主催:九州インターナショナルアートキャンプ実行委員会
■招待作家:8か国より 14名
*Ng Bee ング・ビー(マレーシア)
*Ng Kim ング・キム(マレーシア)
*Tuan Trinh トゥアン・トゥリン(ベトナム)
*Trinh Nhat Vu トゥリン・ナット・ブゥ(ベトナム)
*Asha Dangol アサ・ダンゴル(ネパール)
*Erina Tamraker エリナ・タムレカー(ネパール)
*Ihnseong KU インソン・クー(韓国)
*Pilsoo Lee ピルス・リー(韓国)
*Ang Chee Yong アン・チー・ヨン(シンガポール)
*Fern Min Eng フェン・ミー・イン(シンガポール)
*Tommy Barr トミー・バール(アイルランド)
*Hadi Susanto ハディ・スサントー(インドネシア)
*Reynold Yabut Dela Cruz レイノルド・ヤブゥ・デラ・クルス(フィリピン)
*Giuseppe Strano Spitu ジョゼッペ・ストラーノ・スピトゥ(スペイン)
[2018年11月現在]


【九州インターナショナルアートキャンプ実行委員会 代表 八坂圭より】
私は世界各国のアートキャンプに今まで参加してきましたが、各地でアートが地域活性化の起爆剤になっていることを肌身で感じました。中国の田舎町に1500人もの人が集まったり、マレーシアの小さな街でアートキャンプ後に美術館ができたりするのを見ると、アートがコミュニティにもたらす大きな可能性に毎回感動します。’19年夏、福岡の街をあげてアートを応援してみませんか?

九州インターナショナルアートキャンプ実行委員会
https://kyusyu-artcamp.com

  • 新サービス始めました
  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案
クリスマス特集
閉じる