トップに
戻る

【福岡ニューオープン】丸ごと博多!
『ホテルトリフィート博多祇園』

博多祇園山笠をはじめ、福岡県の伝統工芸の意匠を随所に取り入れた

「ザ・博多」と言っても過言でないホテルが冷泉町にオープンします。

2020年9月18日(金)グランドオープンの『ホテルトリフィート博多祇園』は、

北海道小樽市や沖縄県那覇市などで展開するホテルブランドで、福岡には初上陸。

櫛田神社参道にほど近く、博多祇園山笠のコースに隣接、

追い山笠の日には部屋にいながらにして山笠見物ができる部屋もあるって、すごくない!?

エントランスでドーンと迎えてくれるのは、

『門田提灯店』の巨大な提灯。

一部客室内にも提灯が部屋を飾ります。

フロントを飾るのは、十八代博多曲物師 柴田玉樹氏による曲物と博多織です。(photo 八田公子氏)

博多曲物をオブジェとして壁を飾るのは初めてのことだそう。

ソファも博多織、ライトを飾るのは組子細工で落ち着いた雰囲気です。

メインダイニング『Asayama』を飾るのは、

大濠公園の桜、山笠、糸島、灯明祭り、福岡タワーの夜景と、福岡の春夏秋冬を描いた「博多の光 Lights of HAKATA」。

↑吉田エリ氏・有作氏の親子共作のアート作品

 

朝食は小石原焼をはじめ、有田焼、波佐見焼と九州の陶磁器を贅沢に使用します。

朝食は1650円(税込)6:30〜10:00

食べた人に話を聞いたところ、博多のおきゅうとや水炊き、ラーメンまであり、種類豊富で値段以上の満足感だそうですよ!

館内を飾る山笠の写真は、櫛田神社公認写真家の八田公子さんの写真です。

このホテルを作る時に博多祇園山笠振興会にご挨拶、

お櫛田さんのお膝元にできた新しいホテルとして、しっかりコミュニケーションを取られたそう。

 

2階には大浴場も。

 ↑(写真左が女湯、右は男湯)

日本に3人しかいない銭湯絵師のひとり、田中みずき氏による福岡の風景

 

なんと、無料の「湯上がりアイス」のサービス付き!

さて、客室ですが、テーマが違う部屋が揃っています。

山笠をイメージしたダブルルームのハンガーフックは、なんと山笠の舁き棒です。

ベッドサイドのテーブルが博多曲物みたいなデザインになった客室も!

よく見ると、テレビ下の意匠も博多曲物!

 

こちらの部屋はさくらをイメージ。落ち着いた雰囲気です。

 

この部屋はタタミツインルーム。スリッパもいらないので、くつろげますね。

一番グレードが高いこの部屋はちょっと特別で、ドライヤーもダイソン!

 

 

Go To キャンペーンでホテルに安く泊まれる今こそ、リフレッシュや頑張った自分へのご褒美に、非日常のホテルステイを楽しんでみては?

 

 

『ホテルトリフィート博多祇園』

福岡市博多区冷泉町8-24

TEL 092-283-7060

 

公式ホームページはこちらから

https://torifito.jp/hakatagion/

 

モダンなコンセプチュアル・ムービーもチェック!

https://youtu.be/Jy3SiTnVMH0

街活netお得な情報はこちらから

おけいこnetふくおか

おいしいnetふくおか

きれいnetふくおか

雑貨とインテリアnetふくおか