トップに
戻る

【NEW OPEN】大濠公園前に登場したハイパービアスペース”BEERHOLIC”

ここ最近、福岡の街にはクラフトビールが飲める店がめきめき増えている。
その影には、福岡のクラフトビールカルチャーを盛り上げるために、熱く生きる男たちがいた!ということで、シティ情報ふくおか7月号本誌では、『クラフトビールカルチャーを盛り上げる熱男たち』を特集しています。今回は、その中からほんの少しだけ紹介!

 

インディー酒屋からスタート。
セイゴさんのクラフトビール道が新章へ突入!

福岡のクラフトビール好きならおなじみの店主・セイゴさん。エッジの効いたセレクト力が冴えた4坪の角打ち『ビアソニック』を開き、新しいクラフトビ―ルカルチャーを切り開くべく、6月にはビアパブ『ビアホリック』をオープン。しかもコラボしたのは、東京から世界中に多様なビールを発信している『Far Yeast Brewing』というビールメーカー。勢いがある男は、さすがやってくれる!

 

「ずっとビアパブはやりたかったんですけど、ただのビアパブじゃなく、何かのカルチャーと結びつけたらもっとおもしろいと思ってて。司朗さんと一緒にいろいろ物件をまわったんですよ。その中で、この場所はピンときて!大濠公園は、走っている人も多いし、立地を生かしたランニングイベントとか、そういうカルチャーに結びつけれるかなと。エリア的にクラフトビール屋もあまりないですし」。

 

店は、大濠公園が目の前というなんとも気持ちのいいロケーション!もともと骨董屋&民家だったという場所を全面改装したとのこと。

 

最大18tapの樽生クラフトビールと、

 

 

 

70種類のボトルビールのDrink and To Go(飲んで買える) スタイルに!完全キャッシュレスなので、ランニングや散歩のついでに、スマホ一つでサクッと一杯という楽しみ方もOK!

 

 

本誌7月号では、セイゴさんのクラフトビールコラムも掲載中!『ビアキチ』の小出さんと『グッドビアスタンド』の豊永さんの若手エース対談もお見逃しなく~!!

 

シティ情報Fukuoka 2020年7月号本誌掲載!

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

 

BEERHOLIC(ビアホリック)

住所:福岡市中央区荒戸3-1-2
営業時間:15:00〜22:00(土・日曜12:00〜)
※最新の営業状況は、インスタグラム@beerholic.jpnをチェック
定休日:なし
駐車場:なし
カード