トップに
戻る

☆おでかけ取材班☆ 1泊2日のツアーが5000円で楽しめるチャンス! 3/14(土)出発 『壱岐内海湾モニターツアー(1泊2日)』参加者募集!

長崎県壱岐市の壱岐内海湾振興会は、 “内海湾(うちめわん)”とその周辺地域の歴史や文化、自然、食を満喫し、体験していただき、壱岐の良さをより知ってもらうための特別企画として、『壱岐内海湾モニターツアー(1泊2日)』の参加者を募集しています。

壱岐・内海湾を楽しもう!
長崎県の壱岐島は、福岡から高速船で1時間ちょっとで行ける玄界灘に浮かぶ島。「一支国(いきこく)」として魏志倭人伝にも記されたほど、歴史の深い島です。神話にまつわる神社を初め、絶景スポット、美しいビーチと新鮮な海産物の島として人気です。その壱岐島内で今一番ホットなエリア、日本遺産「内海湾」。歴史、自然、海の幸、山の幸・・・魅力的なコンテンツがぎゅっと詰まったエリアです。

湾の中央にぽっかり浮かぶ小島にある、限られた時間にしか渡ることができない「小島神社」。潮が引くと島に向かって一直線の参道が現れ、歩いて渡ることができます。大潮の満潮時には、内海湾を遊覧する昔ながらの伝馬船で、潮風に吹かれながらゆっくりと参拝できます。シーカヤックでは海に浸かった鳥居の下をくぐることも。満ちても引いても、小島の神様は私たちを優しくおおらかに導いてくれます。

2000年前の「一支国」へとタイムスリップしよう!

島の至る所に古墳や遺跡が点在する壱岐。そこからの出土品はいずれも古代日本を物語る貴重なものばかり。それらを一堂に展示している「一支国博物館(いきこくはくぶつかん)」。展示資料約2000点のうち100点は実物資料に触ることもできます。国指定特別史跡「原の辻遺跡」を望む丘の上に建ち、周囲の山並みに沿って曲線を描く建物は、世界的建築家、故黒川紀章氏によるデザインです。

新鮮な「島の味」を堪能しよう!

海の幸、山の幸、“食の宝島”壱岐。新鮮な魚介、ネタが丼からこぼれ落ちそうなほど山盛り海鮮丼やうに丼、壱岐牛や朝採れの島野菜・・・自然のおいしさに感謝したくなります。麦焼酎発祥の地としても有名です。

最近、特に注目されているのが島内に点在する神社。壱岐島内には神社庁登録の神社が150社、小さな祠まで合わせると1,000以上もあり、「神々が宿る島」と言われています。国生みの神話が根付いていて、「壱岐神楽」など神々を敬う神事も盛んです。

島の心地よい風を感じながら、絶景サイクリングをしよう!

坂道もらくらくな電動アシスト自転車「壱岐ちゃり」は、内海湾周辺では芦辺港の観光案内所で借りることができます。八幡半島の海岸沿いは絶景続き!心地よい風とおいしい空気を満喫しながらサイクリングしましょう!

さあ、コンテンツが盛りだくさんな壱岐内海湾1泊2日のツアーが5000円で楽しめるチャンスです!壱岐が好きな人も未体験の人も、お申込みをお待ちしています!

3/14(土)発
『壱岐内海湾モニターツアー(1泊2日)』 

応募締め切り:2/24(月)
当落選通知予定日:2/26(水)

申込フォームはこちらから▼
https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=tbt-lbrgrf-40bc0177634745ba5f8e88c6b55f42f6