トップに
戻る

☆博多部取材班☆
12月に入ってますます煌びやかで幻想的なムードに
CHIRISTMAS MARKET in 光の街・博多をリポート!

冬の風物詩となっているJR博多駅前広場を彩るイルミネーション、『光の街・博多』。今年も光の塔のたもとに設けられた『ヒュッテ』と呼ばれる木製のショップが並び、ドイツ発祥のヨーロッパの冬の人気イベント、クリスマスマーケットが、この『光の街・博多』の会場内で、クリスマスまでの期間限定で開催されています。


幻想的な雰囲気の中、とっても美しい歌声が聞こえてきました♪

15メートルの高さのシンボルツリーをバックに本格的なオペラです! 声そのものの力が冬の張りつめた空気をさらに煌びやかにしてくれます。華やかな舞台に引き込まれそう。ステージイベントも豪華です。

約30店舗のかわいい『ヒュッテ』があり、とにかく雰囲気がヨーロッパのクリスマスそのもの。外国人スタッフも彩どりを添えてくれています。クリスマス気分にたっぷりと浸れますよ。

 


来場者だけでなく、木の小屋で頑張っているスタッフの皆さんもこの雰囲気を楽しんでいる様子。それがなによりこの雰囲気を作ってくれる気がします。


約80万球の壮大なまばゆい光に彩られるイルミネーションは圧巻!目を引くモニュメント『Wish Flower(ウイッシュフラワー)』は、青く彩られた全体『光の森』の中で、大切に育てられた宝物のように輝いています。写真映えするスポットのひとつです。


アートイベントも始まっていました。なんとバラエティ番組でお馴染みの靴職人、そして画家としても活躍中の花田優一さんに遭遇♪気さくに撮影に応じていただきました。素敵な作品をバックに(個人的にも好きな絵でした)自然な笑顔をありがとうございました!


会場では『ART FAIR ASIA FUKUOKA2019』(~12月15日まで)の新人作家公募展の入選作家の出店や今年全国37店舗で展開する『Little Christmas~小さな版画展~』が福岡会場として47の作品が出店するなど、約100人の作家がやってくるみたいです。アートなクリスマスも満喫。


今年も数量限定のオリジナルマグカップが登場!2019年のテーマは「いつまでもこの街とともに」。博多限定カップはそんな花言葉を持つアングレカムの花をモチーフにデザインしているそうです。私の中身はオリジナルマグカップで飲むホットワイン。あったかポカポカで最高!おすすめです♪


チョイスしたフードは人気店・博多水炊きとり田のクリスマスバージョン『TORIDEN HUTTE トリデン ヒュッテ』の数量限定『TERIYAKIチキン』1300円(税込)。九州産鶏モモの照り焼き。甘みタレも濃厚でジューシーな鶏に合う!さすがとり田さん♪あとやめられないとまらない『プレーンポテト』500円(税込)も。


取材中、隣にいた女子会中のタマキさんとナナミさん。こちらはオリジナルマグカップに入ったホットチョコレートでポーズ♪笑顔もかわいい天使たちは名物の『ぐるぐるソーセージ』を食べてました。(=^▽^=)この輝きの余韻に包まれて素敵なことがたくさんありますように☆

*∴ ∵*∴ ∵*∴ ∵*∴ ∵*∴ ∵*∴ ∵*∴ ∵*∴ ∵*∴ ∵*∴ ∵*∴ ∵*∴

<CHRISTMAS MARKET in 光の街・博多>
日時:~12月25日(水)

月~木曜   16:45~23:00
日曜、祝日  12:00~23:00
金曜、祝前日 16:45~23:30
土曜     12:00~23:30

場所:JR博多駅前広場(福岡市博多区博多駅中央街1-1)
料金:入場無料
詳細はクリスマスマーケット公式ホームページ

<光の街・博多2019>
日時:~1月7日(火)
点灯時間:17:00~24:00
場所:JR博多駅前広場

☆***☆☆***☆☆***☆☆***☆☆***☆☆***☆☆***☆☆***☆☆***☆☆***☆

街活netお得な情報はこちらから

おけいこnetふくおか

おいしいnetふくおか

きれいnetふくおか

雑貨とインテリアnetふくおか