トップに
戻る

福岡仕事図鑑 CORPORATE FILE 03
博多港運株式会社

博多を舞台に、世界へ!
国内外の貨物を運ぶ物流のエキスパートが新しい風を吹かせる。

港湾チーム現業一班 作業主任
野元 慎太郎さん

2007年入社。クレーン運転士や揚貨装置運転士などの国家資格を取得し、現在は約16〜20名の現場スタッフを司る主任兼オペレーターとして活躍。趣味はゴルフ。休日は子どもとめいっぱい遊び、リフレッシュしているそう。

大型重機を操縦し、世界の荷物をこの手で動かす

幼い頃から大きな乗り物に憧れがあり、物流関係の仕事にも興味があったので博多港運に入社しました。そこで見た、世界中から集まる大型貨物船のスケール感と、ガントリークレーンを高い技術で操作し、現場を取り仕切る先輩の姿に圧倒!それから「自分もこうなりたい」と経験を積んでクレーンオペレーターに。高さ24mの操縦席から、約10cmの穴をめがけてコンテナを掴むのですが、技術を駆使して出航時間までにスムーズかつ安全に作業を完了させるのが役割。また輸出車の船積作業でも高級車を10cm間隔で積んでいきます。集中力や統率力が必要な分、飽きることはありません。現場監督や他部署の仕事など、できることを増やしてステップアップしたいです!

同社では努力と実力が報酬に反映。「周りの同年代より高くいただけて、それもやりがいにも繋がっています」

海外と日本を繋ぎ、「ありがとう」を貰える

海外と接点を持てることに魅力を感じて、短大時代から通関士など物流業界の勉強をしていました。今は輸出入に関するお客様の窓口や関係先との調整役を担当しています。通関に必要な書類や配送の手配がメインですが、時には実際に倉庫作業の現場を見に行く事もあります。万が一トラブルが起きたとしても、知識や経験を活かして打開策を提案し、関係先にも協力を依頼して、うまく解決させていきます。日々達成感がありますし、お客様からのお礼の言葉も私の喜び。他部署の方とやりとりが多く、活発なコミュニケーションが楽しいです。

営業一部 輸出入グループ
篠崎 明さん

人々の生活を支える、やりがいある通関の仕事

いろんな人の役に立つ仕事をしたかった私にとって、地元の人々の生活を支える物流業は魅力的でした。入社2年目の今は、輸出入時の通関手続に関する書類作成が主な業務。貨物を分類し、書類と実際に入って来る貨物が合っているか、また輸出入申告の際にクリアしなければならない国内法令によって規制されているものなどを調べて正しく税関へ申告します。海外から届いた物の“始まりの部分”を支えていると思うと、感慨深く感じます。ちなみに私はほぼ定時退社なので、プライベートを充実できるのも嬉しいですね。

営業一部 通関グループ
森 瑞希さん

求人情報
初任給
作業職員:16万902円(高卒相当)~16万8672円(大卒相当)
一般職員(事務職員):17万9670円(大卒)
一般職員(総合職員):21万330円(大卒)
休日休暇
年間休日118日(年末年始、GW、夏季休暇、盆休、年次有給休暇)
勤務地
福岡市
福利厚生
社会保険完備、退職金制度、資格取得支援制度、借り上げ社宅制度、産休・育休制度、保養所(大分県由布院)、福利厚生倶楽部加入など
採用ページはココから
会社概要
設 立
1942年8月
代 表
代表取締役社長 村田成生
資本金
1億2150万円
従業員数
219名
事業内容
港湾運送事業、貨物利用運送事業、倉庫業、通関業など〒812-0032福岡市博多区石城町14-3
住 所
〒812-0032福岡市博多区石城町14-3
Tel
092-281-7651
WEB
http://www.jphkt.co.jp
会社ホームページはココから