お問合せはこちらお問合せは
こちら

西日本初上陸!
鴨料理専門店『なかもぐろ』に行ってきました。


先日、某テレビ番組『行列のできる〇〇〇〇〇』で紹介されていた東京の鴨料理専門店『なかもぐろ』が博多にオープンしたと聞いて、実は鴨料理に馴染みのなかったシティの女子スタッフで潜入!


場所は4月にオープンしたオリエンタルホテル福岡博多ステーションの地下1階。店内にはカウンター、テーブルの他に、掘りごたつの個室も完備しています。
『なかもぐろ』で使用している鴨は、山形県で育てている自社ブランド“最上鴨”。山形県産の米を飼料に与えるなど、こだわりの生産により脂はほのかに甘くスッキリ。

ランチタイムには鴨うどんと丼のセットが980円など、リーズナブルに贅沢なランチが楽しめますよ!


まずは「鴨もも肉のたたき葱まみれ」を。鴨はどこ!?というぐらい葱にまみれていた「鴨もも肉」は新鮮でぷりぷり!


続けて、珍しい鴨の炭火焼串もいただきました。「ハツ」(写真左)はプリッとしていて柔らかく、胸腺にあたる希少部位「おたふく」は白子のような食感です。


さらにこちらは「レバームース最中」。まず見た目が可愛い。レバー大好きな人にとってはたまらない一品です!

そしてやってきました、メイン料理!今回は「鴨しゃぶ」です。


お洒落な盛り付けで、キレイな最上鴨が登場。「鴨しゃぶ」の出汁は鰹ベースで、鴨の脂を浮かせてあるそうです。イケメン店員さんがつみれを入れながら美味しい食べ方も教えてくれました♡
最上鴨の胸肉をサッとくぐらせて、白髪葱&クレソンと一緒にいただくのがオススメだそうです。ということで、早速いただくと、柔らかい鴨肉と葱のシャキシャキ感がたまらない!
食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れるくらい美味しいです(笑)
そして〆は、うどんにしました。


鴨の旨味たっぷりの出汁は、あっさりしていて飲み干してしまうほど。
麺は、新村製麺所で特別に作ってもらっているそう。


ちなみに、店員さんがサーブしてくれる個室も発見!料理は店員さんに任せて、ゆったりお食事を愉しみたいという方にピッタリです。
さらに、『なかもぐろ』には着物でおもてなしをしてくれる座敷の“和酒BAR”も隣接。その名も『オトナリ』。接待や歓送迎会にもオススメです。

店舗データ

住所 福岡市博多区博多駅中央街4-23
オリエンタルホテル福岡博多ステーションB1F
電話 092-433-8950
営業時間 ランチ11:30〜16:00/ディナー16:00〜OS23:00
休/年中無休

  • 新サービス始めました
  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案