お問合せはこちらお問合せは
こちら

Fuku Spo – アビスパ福岡/篠原 弘次郎

篠原 弘次郎(Shinohara Kojiro)・背番号6

J1昇格のために、結果だけを求めていく。

僕ら選手にとってはもどかしい、我慢する試合が続いている状況ですね。でも、J1昇格争いをしている充実感も持ちながら戦っています。個人としては今シーズン、プレーの大きな波は少なくなっています。出場停止など試合に出られない時期もありましたが、全体的に見れば安定したプレーを出すことができていると思います。リーグ最少失点というのは僕ら守備陣だけでできているわけではありません。前線からしっかりと守備をするというチームの意思統一ができているからです。でも、チームとしてこうした結果を出していることは守備の選手としては嬉しいですね。

シーズンも佳境に入っていますので、今は結果がすべてです。どんなにみっともない試合内容でも、試合終了時に勝ち点3を取ることが大事。先制しようが、されようが、最後にしっかりと勝っていくことが必要。ひとつのミスが命取りになるので、最大の集中と繊細さを持ってプレーしないと勝利を手にできないので、そこを意識して戦います。それがチームの目標であるJ1昇格につながると思います。

 

熊本での出会い、経験が成長の糧となった。

僕にとってのターニングポイントは、ロアッソ熊本に期限付き移籍したことですね。僕から期限付き移籍を当時の所属チームだったファジアーノ岡山に申し出て、熊本に行きました。そこで北嶋秀朗コーチに出会ったことが僕にとっては大きな出来事でした。熊本で試合にも多く出してもらい、たくさんミスもしました。それによりメンタル面を含めて本当に叩き込まれましたしね。熊本に行かなかったら、その後の僕がサッカー選手としてどうなっていたか分かりません。もしかしたらサッカーを続けていなかったかもしれませんね。

北嶋コーチは現役時代、日本代表にも選ばれたFWの選手だったので、FWがどんなディフェンスをされたら嫌なのかなどを教えてもらいました。チームの全体練習が終わった後に居残りでそうした練習をしましたね。他にはメンタル面、練習や試合への取り組み方などプロサッカー選手としてのベースの部分を教えてもらいました。例えば、試合に先発出場して勝ったにもかかわらず、次の試合では先発から外されて、その不満を態度に出していました。でも、北嶋コーチから「そんなことをしてもチームのためにはならない。悔しいのはわかるが不満を態度で出すのはプロじゃないしダサい」と言われました。そこで目が覚めましたし、ダサいことが嫌いだったので、北嶋コーチには適切な言葉で教えられたと思います。それから不満を出さず、プレーで見返してやろうと思うようになりました。そこで変われたから、これまで少しずつですけど成長できたと思います。これに23歳くらいで気づけたのは大きいです。気付けなくて苦労している選手は多いと思いますから。

岡山に戻った2015年には岩政大樹選手や加地亮選手といった元日本代表選手に出会い、プレー面で多くのことを教えてもらいました。今のアビスパには山瀬功治選手や駒野友一選手といった元日本代表選手がいますが、そうした選手は自分を持っています。やるべきことをしっかりとやった上で、オフは休んで心と体のコンディションを整えていると感じます。それを僕も見習い、自分に課した課題に毎日取り組みながら、休むときはしっかりと休んでいます。

今のアビスパは選手のレベルが高いので、その中でプレーすることが僕のレベルアップにもつながっていると思います。試合に出ているということは、そこで僕も成長できているからだと思うので、これを続けながら更に上のレベルを目指せるようにしたいです。福岡のことが大好きなので、ここでステップアップするために今何をすべきかを考えてしっかりトレーニングしていきます。もちろん、日本代表は目標のひとつです。選ばれるためにはもっと成長しなければいけませんし、チームがJ1にいることも大事です。まずは目の前の課題に取り組むためにも一日一日を無駄にしたくないですね。

サポーターと切磋琢磨して、目標のJ1昇格を達成したい。

サポーターのみなさんが期待しているのはJ2優勝、J1昇格だけだと思います。今はそれが厳しい状況になっていると思いますが、可能性がある限り最後まで絶対に諦めない姿勢を見せたいですし、目標達成は簡単なことではないので覚悟を持って臨みたいと思います。サポーターのみなさんにもっともっとレベルファイブスタジアムに足を運んでもらい、みんなでその目標を達成したいですね。応援よろしくお願いします。レベスタの雰囲気はすごくいいので、スタジアムが満員になればさらにいい雰囲気になると思います。そこでもし僕らが負けたらボロクソに言ってもらってもかまいません。そう言われたら、僕ら選手は「次は見返してやる!」という気持ちになりますから。そうやってみなさんと切磋琢磨していければいいです。

 

編集部からのおまけ質問「行きつけの店、教えてください!」

中央区薬院にある「うどん杵むら」によく行きます。カレー南蛮うどんが美味しくてよく食べますね。マジうまいです。細麺でツルツルしていて美味しいんですよ。落ち着ける雰囲気も好きです。薬院近辺はおしゃれな感じのいい店が多いので、引越したくなりましたもん(笑)

※シティ情報Fukuoka 2018年11月号本誌掲載

  • 新サービス始めました
  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案