トップに
戻る

【サン建築工房がつくった新築住宅】空間を開放的に魅せるタイコ梁の技法をはじめ、職人技や奥さまのアイデアが随所に生きる木の家には、お手本にしたい魅力がたっぷり

知識や経験を踏まえて選んだ上質な木の家づくり

玄関に入った瞬間、フワッと香る小国杉の良い香り。次に目に入ってくるのは、建具の惚れ惚れする仕上げの美しさだ。いい家づくりとは、ただこうして五感で感じる心地よさが証明してくれるのだなと気づかされる。格子戸をあけると、広々したリビングの天井部分にはタイコ梁と呼ばれる梁を隠さずそのまま見せる装飾が存在感を放ち、思わず「わぁ」と声が漏れる。職人による高い技術が見て取れる、木造家屋ならではの手法は、ご主人が取り入れたかったという。姉妹2人をお子さんに持つAさんご夫婦。上のお嬢さんが小学校に上がる前に家を建てようと家づくりを始めた。ご夫婦の希望するコンセプトは「シンプルで上質な木の家」。その結果、仕事柄、住宅の知識や経験も豊富なご主人のアンテナに引っ掛かったのが「サン建築工房」だった。「住宅展示場なども見てまわったのですが、いいなと直感するところはなくて、もともといい家づくりをされているなと感じていたサン建築工房さんに迷わずお願いしました」とご主人が決め手を話してくれました。

 

玄関はスッキリと普段履きする靴だけを収納する靴箱を設置

キッチンの背面やインテリアに組み合わせた黒が空間を引き締める。リビングから水回りへと続く廊下、スケルトンのリビング階段の抜け感も心地いい!

グレートブラウンのツートンからなるシックな外観が目を引く。「汚れが目立たないように」とご主人が選んだのは、サイディングの外壁

 

自分で片付けができるよう収納アイデアもプラス

ご主人の一番の要望は、タイコ梁を取り入れた開放感のあるLDKと、仕事を終えてゆったり入れるお風呂。ウレタンの断熱材を使うなど機能性にもこだわった。奥さまは「一番には、キッチンから見守れるよう子どもたちのカウンターをリビング回りに持ってきたことですね」と話しながら、仲良く絵を描くお嬢さんたちを優しく見つめる。加えて、生活スタイルを考慮した動線や片付けを意識した暮らしのアイデアを随所にちりばめた。例えば、玄関から入って左手にレイアウトしたキッチンは、リビング側にも収納できる造作のカウンターを採用。「棚の一角に、子どもたちが自分でごみを捨てられるようにごみ箱のスペースも作っていただいて設置しています。キッチン周りもスッキリ気持ちよく使いたかったので、シンクには一日分の生ごみが入るだけの小さなごみ箱だけを付けて、一日の終わりには勝手口のごみ箱へ捨てるようにしているんですよ」。なるほど、暮らしやすさは、気持ちの面から考えてみると見えてくることもあると気づかされる。脱衣所や子ども部屋には専用の収納ボックスを置き、親子でできる整理整頓術を実行している奥さま。自然と浮かんできたアイデアだそうだが、お子さんへの愛情が住まいのあちこちに散りばめられていた。

本棚、収納、ごみ箱として活躍する多機能キッチンカウンターは造作でオーダー。キッチンはパントリーと勝手口へつながり家事動線を良好に。システムキッチンもインテリアと統一して壁面が黒色のものを採用

Company Profile

株式会社 サン建築工房

[所]北九州市小倉北区大手町3-1

[☏]0120-362-732

[HP]https://www.sunken.co.jp/

※この記事は「家づくりの本ふくおか・さがNo.50」より抜粋して記載しております

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか