トップに
戻る

【サードカフェの家づくり】相反する2つの理想を叶えた、和とカリフォルニアが融合する住まい

人生1度きりの家づくりサードカフェに決めた理由

「そろそろ家を建てようか?」。いつかマイホームを持ちたいと思っていたH家。「工務店選びから開始しました。最初は夫の希望でカリフォルニアスタイルの住宅を得意としている工務店を当たっていたんですが、いまいちピンとこず・・・。そんな時、サードカフェリビングさんが拠点としている『3rd.Cafe』を思い出したんです。内装もステキでしたし、夫もカフェの内装に一目ぼれ。サードカフェさんに相談してみることにしたんです」と奥さま。その後、代表の桐谷さんと実際にお会いし、家に対する考え方や、仕事に対する姿勢などをうかがい、“この人ならば安心して家を任せられる”と確信し、お願いすることを決断。そうして打ち合わせがスタートした。

 

 
床はナチュラルな木目の美しさが際立つ杉材を使用。階段前には、奥さまが希望した「格子」で、和の要素を取り入れた

 
奥さまが一番こだわったという和を感じさせる土間部分。壁を古材にすることでカリフォルニアスタイルともマッチ

 
リビングの主役にもなっているアイランドキッチンは「キッチンハウス」。ご夫妻ともに一目惚れで取り入れたのだそう。キッチン後ろの収納は、壁の古材と喧嘩しないよう白をチョイス。キッチン横のパントリーは敢えてすりガラスのような扉に。内部にダウンライトを仕込んで、バーのような演出を

 

 

2つのテイストがミックスした唯一無二の世界観を持つ家

ご主人は水色と白のさわやかな外装の、いわゆる“カリフォルニアスタイル”を希望。打って変わって奥さまは“THE和風”がお好み。真反対と言ってもいいくらいに違う2つのテイストをどう組み合わせていくかが家づくりにおいての最大の課題だったという。「いざ打ち合わせが始まると、心配していたことは、何だったんだ・・・と拍子抜けしてしまいました(笑)。というのも、桐谷さんが私たち夫婦のバラバラな意見をしっかりと汲み取った上でご提案してくださったおかげで、夫婦ともに納得の家が完成したんです」と奥さま。土間や格子などの和の要素と、古材などを使ったカルフォルニアスタイルをちょうどいい塩梅で融合した唯一無二の“我が家”が完成した。

 

 
間接照明がムーディなキッチン。「昼間の雰囲気もいいけれど、灯りをともした時のキッチンの雰囲気が好きなんです」

 
和のテイストをさりげなく表現する杉の列柱を配置。リビングのアクセントとしてだけでなく、格子の裏側のスペースの活用方法を考えるのも楽しい

 
ご主人のコレクション部屋。「この部屋だけは思いっきりカリフォルニアスタイル×インダストリアルデザインに」

 
夜になると雰囲気が一変。外灯が“濃グレー×木材”のコントラストを際立たせ、より一層ラグジュアリーな佇まいに

Company Profile

3rd Cafe LIVINGSTYLE

[所]福岡県春日市白水ヶ丘4-7アミティときわ1階

[☏]092-982-3093

[HP]https://www.thirdcafe.com/

※この記事は「家づくりの本ふくおか・さがNo.50」より抜粋して記載しております

家づくりnet

シティ情報ふくおか+

よかローカルNEW

街活netお得な情報はこちらから