トップに
戻る

【福岡グルメ】1つで3回おいしい海鮮ひつまぶし!あなたが好きなのは何杯目?『磯らぎ』

 

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。


 

『ひつまぶし』

刻んだ鰻の蒲焼をお櫃に入ったご飯に乗せ(まぶし)たもの。

名古屋の名物であるこの料理は、薬味や出汁をかけて2杯目、3杯目と違った楽しみ方ができる料理です。

 

そんなひつまぶしを鰻、、、ではなく海鮮丼で楽しめるお店をご紹介していきます。

 

『海鮮丼・茶漬 磯らぎ』

 

JR博多シティ9F「くうてん」内にお店はあります。

ここのエリアにあるとちょっぴり敷居が高そうなお店でもすんなり入れちゃうのがいいところですよね。

 

店内はシックな雰囲気

 

店内は落ち着いた雰囲気で、窓側の席では眺めがよく夜に来てもいいですね。

 

「磯らぎひつまぶし 1980円」

 

こちらが海鮮のひつまぶし!

注文後すぐに小鉢が来て、さらに約3分後セットが運ばれてきました。

それでは早速見ていきましょう。

 

お櫃に入った海鮮丼

 

数種類の細かく刻まれたお刺身の中でいくらが輝いています。

この海鮮丼だけでも十分魅力的ですが、さらに注目してほしいのがこちら!

 

もはや芸術の域!

 

海鮮丼よりも目を引く大ぶりのうに!

鰻ではなく海鮮ひつまぶしだからこその贅沢なトッピングです。

 

最初はごまだれで

 

まずは一杯目をよそってごまだれでいただきましょう。

 

お刺身たちは細かく刻まれていますがとてもプリプリで歯ごたえがしっかりしています。

特製のごまだれの味付けは濃いめでお刺身や玉子焼きなどの具材をマイルドにまとめてくれます。

 

うには贅沢にまるごと!

 

2杯目は待ちに待ったうにをまるごと乗せていただきます。

 

先ほどはごまだれでしたが、今度は九州醤油を少しかけてみます。

醤油をかけることで全体的に尖った味になりますが、やはり醤油とうにの相性は抜群ですね。

舌触りが滑らかで口の中でとろけていきます。

 

最後はあご出汁茶漬けに!

 

残ったごはんを器によそってあご出汁を注ぎます。

卓上に用意されたあられやワサビなどをトッピングしたら、、、

 

海鮮あご出汁茶漬けの完成!

 

あご出汁のいい香りが鼻に抜けます。

熱された半レア状態のお刺身たちがまた味わいを変え、最後まで飽きの来ない一品です。

 

トッピングは種類が豊富なので自分の好みを見つけてみてください。

 

食後にはデザート

3つの味を楽しんだ後はデザートが運ばれてきます。

時期ごとに変わりますが今回は柚子シャーベット。

刻まれた果肉が入っており、お店のこだわりが細部まで感じられます。

 

さて、1つの料理で3回顔を変える今回の海鮮ひつまぶしはどうだったでしょうか。

JR博多シティ内ということで皆さんアクセスもしやすいと思いますので気になった方はぜひ行ってみてください!

 

最後まで見てくださってありがとうございます。

 


■店名:『海鮮丼・茶漬 磯らぎ』

■電話番号:092-409-6637

■住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9F

■営業時間:11:30〜22:30

■定休日:なし(JRビルの休館日による)

■駐車場:なし


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集