トップに
戻る

【福岡グルメ】福岡最古の喫茶店で味わう1日限定15食のミンチカツレツ『ブラジレイロ』

 

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。


皆さんこんにちは!

本日はどこか昔懐かしさを感じる、そんな喫茶店にお邪魔してまいりました。

『ブラジレイロ』

地下鉄呉服町駅から2分歩くと到着するこちらのお店。

外観からレトロな雰囲気を感じますね。

じつはこちらのお店は福岡に存在する喫茶店の中でも最古の喫茶店として知られているのです!

なんとオープンは昭和9年、86年も続く由緒ある喫茶店でございます。

 

早速ランチメニューを見ていきましょう!

 

ハンバーグやオムライスなど喫茶店らしいメニューが並んでいます。

その中でも今回の僕のお目当ては写真右上の「ミンチカツレツ」です。

なんとこのミンチカツレツは1日15食のみで、予約必須な限定メニューなのです!!!

人気メニューですので11:00からのランチタイムまでに予約をしておかないと食べられないことも、、、

実際僕も1度予約をせずに伺って食べられなかったことがあります。

 

1階

2階

 

注文した料理を待っている間に店内の様子をご紹介!

1階にはカウンターとテーブル席があり、落ち着いた雰囲気になっています。

奥の方には本格的な焙煎室も有りコーヒーの香りが漂ってきます。

 

2階はテーブル席が並んでおり、ゆったりとくつろげるようになっています。

どちらにも昔の絵や写真が飾られているので料理を待っている間に86年の歴史を感じてみるのもいいですね!

 

そうこうしているうちにお目当てのミンチカツレツが出来上がったようです!

ミンチカツレツ 1180円

通常の丸いメンチカツとは違った形をしています。

このラグビーボールのような形がブラジレイロさんのミンチカツレツの特徴です!

セットの内容は、ミンチカツレツ、サラダ、ライス、そして食後のコーヒーまでついてきます。

メインのミンチカツレツは1人前で2つなので食べ応えもばっちり!

中を割ってみるとぎっしりとタネが詰まっており、ナイフを入れても潰れずに切れるほどの弾力!

中央部分はふわっとしており、先のとんがった部分はカリカリと食感のアクセントが楽しめます。

タネにはスパイシーな下味がついておりそのまま楽しむこともできますが、酸味のあるデミグラスソースと一緒に味わうことでコクが深くなり味がまろやかになります。

からしをつけて食べることで食感だけでなく味の変化まで楽しめるので、2つもあったミンチカツレツをあっという間に完食です!

 

 

食べ終わったタイミングで食後のコーヒーが出てきます。

食べ物に目が行きがちですが、このお店は本来喫茶店。

コーヒーの味も一級品です。

自家焙煎されたコーヒーは香り高く、苦みや酸味などのクセが少ないのですっきりとした味わいになっています。

 

珍しい形のミンチカツレツに本格派のコーヒーが楽しめるブラジレイロさん。

あなたも福岡最古の喫茶店でコーヒーの香りに包まれながら昭和の時代に思いを馳せてみませんか?

 


■店名:『ブラジレイロ』

■電話番号:092-271-0021

■住所:福岡県福岡市博多区店屋町1-20

■営業時間:平日 10:00~20:30

:土曜 10:00~19:00

■定休日:日曜・祝日


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集