トップに
戻る

【福岡グルメ】うどんの常識にあっかんベー!見た目も味もオリジナル『博多あかちょこべ』

 

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。


皆さんこんにちは。

福岡名物といえばラーメン、明太子など色々なものがあります。

今回はみなさん大好き「うどん」の名店をご紹介いたします!

 

『博多 あかちょこべ』

 

「あかちょこべ」というのは博多の言葉で「あっかんべー」という意味なんですね。

名前のイメージとは裏腹に落ち着いた雰囲気の店構えです。

こちらは数あるうどんのお店の中でも異彩を放つ、珍しいうどんを提供されています。

 

その名も「ずぼらうどん」!!!

凄い名前ですが一体どんなうどんが出てくるのでしょうか。

 

 

ずぼらうどん 660円

これは、、、名前でイメージしていた以上の見た目のインパクトですね!!

通常ゆでた後は器に盛りつけて提供されるはずの料理が、やかんに入ってでてきました!

しかも注ぎ口に箸が刺さっています。

こんな提供の仕方他のお店では見たことありません!!

 

 

肝心のうどんですが、このお店の麺は小麦胚芽を練りこんであり通常の麺のように白くてつるつるしたものではなく、細麺でモチモチした「古式胚芽うどん」です。

めんつゆはカツオの風味がきいており、甘辛いつゆが細麺によく絡みます。

さらにつゆの中に納豆が入っており、器・麺・つゆと全てにオリジナリティーがあふれてた一品となっております。

 

そしてもう一品、このインパクトのあるうどんを超えて愛される人気No.1メニューがあります。

「元祖キーマカレーうどん」 720円

それがこちらのキーマカレーうどんです。

こちらは左に置かれている揚げ玉と出汁を使って3種類の食べ方を楽しむことが出来ます。

 

まずは一番オーソドックスな味わい方。

ひき肉がたっぷり入ったカレーに絡めていただきます。

カレー自体はスパイスが効いていてピリッとしていますが、かつお節と一緒に食べることでコクがでて味わい深くなります。

 

スパイスのおかげで食欲が刺激されどんどん食べ進めてしまいますが、半分まで食べたら一旦ここで箸を止めてください。

 

 

ここまで食べたらトッピングの揚げ玉を乗せます。

サクサクの揚げ玉と一緒に食べることで食感の変化を楽しむことが出来ます。

この揚げ玉には桜海老が練りこんであり食感だけでなく香りがグッと高くなります。

 

 

 

最後に残ったうどんに温かい和風だしをかけていただきます。

最初のスパイスが効いていたうどんとは全く違い、かなり和風を感じるマイルドなうどんに変化しています。

 

一つの料理でそれぞれ違った味、食感を楽しむことができ最後まで飽きの来ない一品でお店のNo.1メニューというのも納得です。

 

 

今回のお店は福岡に来た時からずっと行きたかったお店だったのですが、実際にうどんを食べてみると想像以上の美味しさで大満足です。

皆さんぜひ行ってみてください!

 

そして食後にはお店の近くにある「櫛田神社」を訪ねてみると店名である「あかちょこべ」の由来がわかるかも、、、?


■店名:『博多 あかちょこべ』

■電話番号:092-271-0102

■住所:福岡県福岡市博多区冷泉7-10

■営業時間:月~土 11:30~14:00 18:00~23:00

:日・祝 11:30~14:00

■定休日:不定休

■駐車場:なし


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集