トップに
戻る

【福岡イルミネーション】80万球のイルミネーションが今年も点灯『光の街・博多』

こんにちは、リコぴんです☀

今回は、今年で10年目を迎えるイルミネーション、『光の街・博多』を取材させて頂きました。何度見ても飽きない、博多の定番イルミネーションスポットです。

******************************

80万球のイルミネーション『光の街・博多』が今年も博多を彩ります。

『光の街・博多』

10年目を迎える『光の街・博多』の今年のコンセプトは、「星空のサイレントエール」。

大屋根には今年新たに、星空をイメージしたイルミネーション、スターダストウェーブが登場。光の街に加わった新しい星空は、冬のJR博多駅前広場を温かく照らす。様々に色を変えるイルミネーションの温かな光が博多の街にエールを。大規模イベントの自粛・中止が続く中、例年通りの博多がここにあり。

******************************

『光の街・博多』には見どころがたくさん!
その中でも、いくつかの見どころをピックアップしてご紹介。

①シンボルツリー

シンボルツリー
シンボルツリーと今年初登場のスターダストウェーブ

『光の街』と言えば、このシンボルツリー。高さ14.9mのこのツリーは、夢の象徴としてデザインに「花」を取り入れている。たくさん花=夢で飾られた、『光の街』を照らす希望のシンボル。思わず写真を撮りたくなる定番フォトスポット。

②スターダストウェーブ

今年初登場した、大屋根のイルミネーション、スターダストウェーブ。星空をイメージした装飾で、変わり変わりに七色の輝きを放っている。大屋根いっぱいの星空が、『光の街』を温かく照らす。

③クリスマスマーケット in 『光の街・博多』

今年のマグカップはコレ
今年のマグカップはコレ

大人気のクリスマスマーケットの今年のテーマは「希望」。

定番のホットワインやホットチョコレートを飲みながら、イルミネーションの光の中で、お食事をゆっくり楽しめる。その他にも、クリスマスリースやスノーボール、アクセサリーなど、クリスマスにぴったりの装飾品を販売する屋台がたくさん並ぶ。検温や消毒、ソーシャルディスタンスの確保のための施策など、新型コロナウイルス対策もしっかり行われている。

④JR博多シティ3階 ペデストリアンデッキ

KITTE博多 2F ペデストリアンデッキ
KITTE博多 2階 ペデストリアンデッキ

正面からみるツリーももちろんいい。ただ、光の街を見下ろすのもこれまた至高。スターダストウェーブが目の前で観られたり、たくさんの人が楽しんでいる様子を一挙に見られたりする。比較的、密になりすぎないのもおすすめポイントのひとつ。

******************************

写真映えするスポット
写真映えするスポット『光の街・博多』

写真映えするスポットとしても人気が高い『光の街』。カメラやスマホを片手に、夜のお出掛けにもおすすめ。シンボルツリーはもちろん、雨の日の濡れた地面に反射するイルミネーションは絶景で、思わずシャッターを切りたくなる。変わってしまったこともたくさんあるけれど、『光の街』で、心の中だけはワクワクとにぎやかに楽しもう。

******************************

『光の街・博多』

点灯期間:~2021年1月6日(水)

場所:福岡市博多区博多駅中央街1-1(JR博多駅前広場)

点灯時間:17:00~24:00

ホームページ:https://www.jrhakatacity.com/2020_illumination/

******************************

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

(Rico)


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集