トップに
戻る

【福岡うどん】“津田屋流 豊前裏打会”絶品つるしこうどん!『うどん満月』陣原店

 

福岡のうどんと言えば“やわうどん”が定番と思われがちですが、いやいやそんなことはありません。外はふんわり、内はきゅっと締まっている!そんな麺が魅力の豊前裏打ち会。表は讃岐うどんだろう!ということで、自ら裏を名乗っております。「豊前うどん」として勢力増大中!

今回はその中から、お店のスタッフにも人気の『満月』さんに行ってきました。場所は、陣原駅を降りてすぐ!とても分かりやすい場所にあります。ちょうどお昼時の12時過ぎに伺ったので、店内は入店後すぐに満席になりました。

 

メニュー

 

食べたいものは決まっていたので、早々に注文を済ませますヾ(*´∀`*)ノ卓上にある天かす・唐辛子(種類がいくつかあるので後述させてもらいます)

 

お水はセルフサービスです。下の方に見える黄色はお漬物、こちらもセルフでお願いします♪

 

メディアにも多数取り上げられている人気店!サインがたくさん飾られていました。

 

ちょっとのんびりしていると、うどんが到着!

 

野菜天ぶっかけ 温 710円

ごぼう天、大葉天、茄子天、かぼちゃ天、にんじん天、しめじ天と盛りだくさんの天ぷらが美しく盛り付けられています。薬味は青葱、大根おろし、生姜、かつお節、刻み海苔と盛り沢山。あげたてサクサクの天ぷらに温かいおつゆがいい具合で絡んで絶品です。つけ汁の隠し味は黒砂糖、こちらがまた癖になる味です。

 

ごぼう天 570円

丼からはみだす迫力満点、圧巻の見た目です!汁に浸された部分をちょっとかじり、カリッカリの部分から豪快にパクっとかぶりつくのがいつもの食べ方。薄めにスライスされたかき揚げ風のごぼう天。資さんのごぼうスティックも好きですが、これも捨てがたい!!

 

肉 610円

こちらも美しいビジュアルで登場。お肉はあっさり目の甘めの味付けでどんどん箸が進みます。

うどん麺も特徴があり、福岡の伝統的なやわうどんとも、讃岐のコシの強いうどんとも違います。切ってから熟成する中華系の製法で作られた豊前裏打会特有の弾力のあるうどん。透き通った見た目の細くしなやかな麺です。いつの間にかつるつるっと食べ終えちゃうぐらいのど越しが良いんです♡

得ミニ丼セット かつ丼 320円

あげたて熱々のかつ丼にとろっとした卵がたまりません。盛が良くってミニ丼の定義って…と思ってしまうほど。ミニ丼はかつ丼以外に、牛とじ丼・玉子丼・山かけ丼・野菜天丼・そぼろ丼と6種類から選ぶことができます。隣の方が食べていた牛とじ丼もおいしそうでしたよ。

 

先ほどの卓上唐辛子はお店で販売されています。純国産の鷹の爪を使用した豊前裏打会の唐辛子です。卓上にあったのは「激辛一味・おしどり」「極辛一味黄柚ごしょう」「超激辛一味黄金」の3点ですがそれ以外に「大魔王」なんていう変わったネーミングのものもありますよ。

 

豊前裏打会の汁うどんの出汁は、羅臼昆布・花かつお・さば節・ウルメいわし節を独自の調合でブレンドし、白スープが作り出されています。返しは、最低一週間寝かせたものを使用。醤油のもつ風味を大切にしたいので沸騰させておらず、最後に厚い鉄ゴテで味の角を取って仕上げられているんです。続々新店が進出中の豊前裏打会、今後の動きに注目です。

*☆*゚♪゚*☆*゚♪*☆*゚♪゚*☆*♪゚*☆*゚♪*☆*゚♪゚*

■店名:うどん満月 陣原駅前店

■営業時間:11:00~16:00/17:30~21:00(水曜は昼のみの営業)

■定休日:木曜

■住所:福岡県北九州市八幡西区陣原1-2-7

■電話:093-616-6664

*☆*゚♪゚*☆*゚♪*☆*゚♪゚*☆*♪゚*☆*゚♪*☆*゚♪゚*

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集