トップに
戻る

【長崎観光】九十九島の大パノラマを一望!九十九島を望むおすすめ展望台3選。

今回は長崎県佐世保市にある、『九十九島』を見渡せる展望台に行ってまいりました。

『九十九島』の『九十九』はたくさん島があることの例えであり、実際には208もの島々があります。

それでは今回九十九島が織りなす美しい自然風景とおすすめの展望台3点をご紹介!

#1 石岳展望台

佐世保駅から車でおよそ15分、九十九島動植物園から徒歩およそ15分。

 

ハリウッド映画『ラストサムライ』冒頭に出てくる島々はなんとここから撮影されています。

360°全体を見渡すことができ、迫力の風景です。

九十九島パールシーリゾートに泊まる遊覧船も見えます。遊覧船は私も乗ったことがありますが、九十九島を一周しながら様々な形の島々を眺めることができ、おすすめです。

夕暮れ時を待つ写真愛好家の方々も多く訪れています。他にも九十九島を望むいくつかの展望台を訪れましたがこの『石岳展望台』が一番カメラマンが集まっていました。

『石岳展望台』は写真愛好家も通うほどの名スポットでした。

#2 展海峰(テンカイホウ)

 

夕暮れを観に訪れるとまず目に留まったのがススキ。夕日に照らされ風になびくススキが非常に美しいです!

他にも園内の花壇には春は菜の花、秋はコスモスが咲き、特に春と秋の花の季節に大勢の人が集まります。

夕暮れ時になると明暗のコントラストがより一層強くなり美しい!

『展海峰』は九十九島南部を一望でき、大小様々な形をした島々が並びます。

#3 弓張岳展望台

最後はこちら!

地元の方が夕暮れは『弓張展望台』が綺麗で人気と教えていただいたので最後に訪れました。

九十九島夕暮れのパノラマ風景を楽しめます。

九十九島と佐世保市街地が眺められます。

昼や夕暮れ時だけでなく、夜は佐世保市街地の美しい夜景を楽しめます。今回は夕暮れ時に訪れましたが夜景に関してはもう少し暗くなってからがおすすめです。

 

以上、九十九島を望むおすすめの展望台3点でした!

時間帯や、観る角度から展望台によってそれぞれ違った表情の九十九島を楽しめます。

3点とも車があればそれほど時間はかからないので2,3時間あれば充分回れますよ!

ぜひ皆さんも足を運んでみてください!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


①石岳展望台

▶所在地:長崎県佐世保市船越町2277

▶駐車場:30台

 

②展海峰

▶所在地:長崎県佐世保市下船越町399

▶駐車場:普通車114台、バス5台、身障者2台

 

③弓張岳展望台

▶所在地:長崎県佐世保市小野町

▶駐車場:85台

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

 


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案
法人様・自治体様向け情報サイトはこちら