トップに
戻る

【福岡温泉】夏目漱石も遊んだ150年以上の歴史ある老舗温泉でお手軽日帰りプチ旅行!『二日市温泉 大丸別荘』

温泉宿のデイユースでお手軽日帰り温泉旅行!

こんにちは!カナガキです。

突然ですが皆さん「デイユース」をご存知ですか?

ホテルや旅館のお部屋を、宿泊はせずとも滞在して楽しむいわば日帰り旅の一つです。

今回は「博多の奥座敷」と呼ばれる著名人も多く訪れる、有名温泉宿、

『二日市温泉 大丸別荘』さんのデイユースを楽しんできました!

なんと創業慶応元年(1865年)、歴史ある温泉です。

福岡市博多区から車で約30分、博多の奥座敷に遊ぶ
外観です。

6500坪の広大な敷地を擁する老舗旅館をデイユースでお手軽に楽しむことができます。

歴史ある温泉と、月替わりの懐石料理を客室で楽しめる『大丸別荘』の日替わりプランは

「昼の部 11:30~16:00」「夜の部 17:30~22:00(緊急事態宣言中は17:00~20:00)」の二つから、

「天拝(平日・土曜のみ)6050円」「基山 8470円」「四王寺 10890円」「宝満 13310円」の四種の食事プランを選べます。

今回は「天拝(平日・土曜のみ)6050円」を楽しんできました!

早速お食事をご紹介してまいります!

趣ある客室で 天拝 プランのお食事を楽しむ
天拝プランの客室の入り口です。

 

自然豊かな敷地を望む二階のお部屋。

まず、案内された客室の雰囲気に癒されました。夏の終わりのツクツクボーシの鳴き声が響きます。

案内いただいた女中さんが緑茶を出してくれます。美味しい。

食事のタイミングを入浴前後で指定でき、今回は先にご飯をいただくことに。

 

九月の献立はこちらです。

ゆったりして待っていると、

「八寸」です

 

きました!

 

美しい・・・懐石料理が始まりました。

目にも口にも楽しいたくさんの料理が並びます。土佐酢のジュレで和えたお野菜や魚介が最高でした。

 

「お造り」です

 

次に来たのはハモのお寿司や今が旬のカツオのお刺身、サザエなどのお造り。これも忘れられません。美味しかったです。

「お椀」です

 

お吸い物です。コーン豆腐の滑らかさと甘みが印象的でした。

「箸休め」です

 

 

とろとろの茄子。

 

万願寺とうがらしと茄子、イカボール、生麩のおひたし。茄子がとろっとろで染み渡りました。

 

「焼物」の豚しゃぶです

 

タレをかけます

 

茗荷や小葱といった薬味が豚しゃぶにあいます!さっぱりとした味わい。美味しい!

「ご飯」です

きびご飯はあまり食べる機会がないので新鮮でした。少し白ごはんより甘みを感じました。赤出汁のお吸い物も美味しい。

 

デザートとコーヒーです

デザートは白ワインゼリーで金とんやフルーツ、栗の渋皮煮がまとめられた上品なフルーツポンチ。

コーヒーもついてきて、お腹いっぱいで落ち着きます。

食後の好きなタイミングで頼むことができるのも魅力的。

趣味の良いお部屋での懐石料理、控えめに言って最高でした。

 

日本庭園や館内施設も至福の空間です!

敷地内には大きな日本庭園が。池には鯉が泳ぎ、豊かな緑で囲まれる空間は、まさに非日常。

館内には喫茶も。かわいい看板です

 

そのほか卓球場など館内施設も充実。

お腹いっぱいになったところで、由緒ある温泉に浸かってゆっくりして、もう最高でした。

 

 


 

いかがでしたか?

6040円で、懐石料理、客室利用、温泉・・・お手軽に非日常体験を楽しめます。

さらに立地も福岡市内からほどちかく、アクセスも良好。

県外や長期間の旅行が憚れるこの頃、マイクロツーリズムとして『二日市温泉 大丸別荘』のデイユースを皆さんもぜひ楽しんでみてください!

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました!!


『二日市温泉 大丸別荘』

★住所 / 福岡県筑紫野市湯町1丁目20-1

★電話番号 / 092-924-3939

★営業時間 / プランごとに異なります。

★定休日 / 不定

駐車場/あり

カード / 可

[HP]http://www.daimarubesso.com


※2021年9月取材時の情報です。メニュー内容や店舗データなど変更している場合がありますので、店舗HPなどで事前にご確認ください。

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案
法人様・自治体様向け情報サイトはこちら