トップに
戻る

【佐賀グルメ】黒髪山の麓にひっそりと佇む一軒の古民家蕎麦屋『房空路(ぼうくうろ)』

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

佐賀県、武雄市にある黒髪山の麓に
ひっそりと佇む一軒の古民家で、
週末のお昼のみ食べられる蕎麦ランチ
を提供するお店

本日は『そばダイニング  房空路(ぼうくうろ)』を
ご紹介します!!

和風のおしゃれな外観に、
入る前から雰囲気よくワクワクします!!

 

 

 

玄関には焼物がずらり。
併設されているギャラリーのものですね~
きれい★

 

 

 

店内はテーブル席と外の景色を眺められるカウンター席があります。

 

 

 

メニューはこちら

 

 

 

今回は単品メニューを注文しました。

注文後、最初にでてきたのはなんと
『蕎麦粉で作ったお煎餅』


左が塩味で右が味噌味です。
蕎麦の香りがほんのりして噛むほどに甘さが
感じられます。
真ん中は空洞になっているので不思議な感覚でした。

 

 

 

そして一緒に行った人が注文したのはコチラ
『鶏南蛮』

ありた鶏のいい脂がだしに沁み渡り
クーラーで冷え切った身体にはピッタリ。
夏にも冬にも食べたい一品。

 

 

 

わたしが注文したのは
『盛り蕎麦』

山形県産「でわかおり」を使用した外ニ(蕎麦粉10:つなぎ2割)蕎麦

もちもちとした食感とつるっとしたのどごしが
夏のお昼には最高でした。

一口目は、塩を付けて蕎麦本来の美味しさを。
二口目は、カツオ節、そうだ節、鯖節、うるめ節、利尻昆布
などたくさんの素材をブレンドした、出汁につけて。

 


好みで、ワサビや白ネギなどの薬味を添えても
美味しいです♡

 

 


こちらの絶景を眺めながら頂く蕎麦は贅沢ですね~★

 

蕎麦屋の醍醐味といえば
最後に出てくる蕎麦湯

とろっとろの蕎麦湯でまったり。

 

 

 

佐賀に行く時はぜひ足を運んでほしい
スポットの1つ。

また行きたいです!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■店名:房空路(ぼうくうろ)

■住所:佐賀県武雄市山内町宮野1426−2

■電話:0954-45-2234

■営業:11:30〜16:00

■アクセス:佐世保線 / 上有田駅(2.8km)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案