トップに
戻る

家族の幸せを見守る薪ストーブのある暮らし

[うーの家]がつくった
佐賀市在住/Sさんの住まい

 

将来の子育てを考えて、実家の近くに土地を購入。憧れの薪ストーブと和テイストをとけ込ませた温もりの住まいに、未来の家族像が浮かんでくるようです。

高さのある開放的な1階リビング。客間や子育てに利用できるように和室も採用した

 

土地は安心できる実家の近くに子育てを考えて決めた家づくり

リビングに足を踏み入れた瞬間、飛び込んでくる大きな薪ストーブと煙突、レンガのコーディネートに目を奪われるの邸。高さのあるゆったりとしたLDKは、大きな梁がデザイン性を高め、すらりとした長身のご夫妻の姿がしっくりなじむ。共働きのお二人。以前は賃貸アパートに暮らしていたものの、家賃のことや将来的に子育てを考えた結果、家づくりを意識し始めたそう。2年ほど前、ちょうど奥さまの実家の向かいにある畑だった土地が売りに出されたのを機に、土地を先に購入した。
初めは二人とも和風の木の住まいがいいねと話しながら、住宅展示場で大手のハウスメーカーを検討していたものの、ご主人の知人が[うーの家]で建てた住まいを見て、考えが一変。漆喰の風合いや家全体の雰囲気を見て、ここなら自分たち好みの家づくりができそうと思い立ったという。

 

 

奥さま憧れの薪ストーブをリビングの中心にレイアウト。ご夫婦のコンセプトは「1階を中心に、家族や友人とみんなで過ごせる家」

 

切妻造りの瓦屋根が優しい印象を生む外観。縁側のある庭には、家庭菜園などが楽しめるよう収納小屋も造作した

 


気になる耐震性や機能面も専門家の目で厳しくチェック

「実は最初はただ漢然と、大手なら耐震性や私たちの希望も考慮してもらえて安心感があると思っていたんです。ですが、実際は予算もオーバーで自由が利く感じでもなかったんですね。その点、うーの家さんは打ち合わせを重ねていく毎に、スタッフの方の人柄の良さが伝わってきて、何より専門家としての提案力に惹かれていきました。ショールームも素敵で初めは和の間取り図を描いてもらったんですが、最終的には和洋折衷案になりました」と、笑顔で振り返る。

和室にはご夫妻が見つけた欄間をとり入れ、玄関やキッチンスペース、階段のニッチなど、目に入る場所に奥さま好みのステンドグラスやタイルを散りばめて、空間のアクセントとして彩りをプラス。「デザインセンスだけでなく、背の高い私たちに合わせてキッチンカウンターの高さを調整してくれたり、野球をする夫のために専用のスロップシンクを提案して付けてくれたり。収納もたっぷり、細やかに気を配っていただいて、本当に安心してお任せできました」。

造作の建具と琉球畳などでコーディネートした落ち着きのある和室

 

シューズクロークを設けてすっきりとまとめた玄関ホール。お気に入りのハンドメイドタイルポスターを飾って

 

和室には和のテイストを取り入れたかったご夫妻が見つけた欄間を組み合わせて、日本らしさもミックス

 

家族の気配が分かるようにと採用したリビング階段。アイアンの手すりがアクセント

 

 


暮らしてみて納得した。漆喰効果や薪ストーブの幸せ
「漆喰の調湿・消臭効果など、最初に聞いた時は内心本当かなと思っていたんです。でも、びっくり! 去年の12月に入居して、春、夏と過ごしましたが、洗濯物もすぐ乾くし、空気が清々しいんです」と本音で語ってくれたご夫婦。湿気も乾燥も気にならず、適度な湿度に保って生活できているので、以前より風邪を引かなくなったそう。「住んでみてわかる良さ、実感しますね」と頷く。冬には薪ストーブの上に鍋をかけて、スーブやカレーなどをとろ火で調理したり、友人を招いてピザバーティで盛り上がったそう。アフターメンテナンスはもちろん、[うーの家]のイベントに出かけるなど、いい関係性を保てるところも嬉しいと話すお二人。「良心的に、良し悪しを判断して助言してくれるので、私たちのように遠慮なく思いついたことを話して相談してみてほしいです」。

 

手元は隠せるよう高さを設けた対面キッチン。収納メインに考えた奥さまのリクエストで、ダイニング側にも造作の収納棚を

 

2階の共有スペースは、書斎として、また子どもたちが部屋にこもらず宿題ができるように設定。吹き抜けを通して家族の気配が感じあえる場に

 

上.トイレにはきらめくモザイクタイルを使用し、家全体のアクセントブルー系を取り入れた

下.洗面台は掃除のしやすさを考慮し、作業台にいちょうタイルなどを採用

 


Company profile

株式会社 うーの家

今すぐ手に入る、理想の古さ
アンティークな新築住宅に暮らす

まるでずっと前からそこに住んでいたかのような懐かしさを覚える、あたたかな空間。年月を経たなければ醸し出す事のできないはずの「古い美しさ」を内外装の至るところで表現したアンティークな新築住宅「うーの家」の住まい。

[所]福岡県太宰府市国分2-1-9
[☏]092-408-8082

[施工エリア]福岡県内、佐賀県・熊本県の一部
[設立]平成23年6月
[資本金]1000万円
[従業員数]5名
[許可・登録]福岡県知事許可(般-24)第106460号
建築士事務所 福岡県知事登録 第2-60345号
SKOGの家、ウッドビルド(WB工法)
[保証]住宅保証機構株式会社 まもりすまい保険

【株式会社うーの家 HP】←クリック


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案