トップに
戻る

まさに大人の自由研究!庭には念願の露天風呂も。

[棟生工務店]がつくった
糸島市在住/Oさんの住まい

 

自然に囲まれた郊外に、念願の家を持ったOさん。
木の扱いにかけて、絶大な信頼を寄せる工務店と
二人三脚で作り上げてきたこの家は、
人生における最高の「ものづくり」でした。

表情豊かな木々に囲まれ
過ごす毎日が幸せ。

 

「梁 平屋 地元工務店」が引き寄せた
うれしい出会い

窓の外には広い庭と豊かな緑。日中はずっと自然光が降り注ぐOさんの家。リビングでくつろぐ一家はもちろん、陽だまりで大きく伸びをする2匹の猫たちの姿からも、その居心地のよさは一目瞭然だ。
手掛けたのは[棟生工務店]。糸島に拠点を置き、「片道30分以内の範囲であれば、家を建てさせていただきます」という、生粋の地元密着型工務店だ。
福岡市内で暮らしていたOさんが家づくりを考えたのは3年前。2階建ての中古住宅に暮らすも、将来的には平屋に住みたい、と考えたのがきっかけだだそう。新しく建てるなら「木がふんだんに使われた家」。さらに「梁」は絶対。Oさんはインターネットで「梁 平屋 地元工務店」と検索をかけた。
「そこで棟生工務店のHPを見つけました。実例集の家々も素晴らしく、ブログから垣間見える社長の気取りのない人柄にも惹かれたんです(笑)」。
早速相談に出かけると、ここで思いがけない提案が。
「“うちだけでなく、他社も見てきては?”と。驚きましたが、すごく勉強になりました。でも展示場には現実味がないし、木の使い方や、家づくりの考え方、トータルで考えてやっぱり棟生さんだな、と改めて確信したんです」。

通りに面したガレージから、飛び石風に置いた石を伝って玄関へ

一番大切にしたいのは
「わが家」らしい空間。

玄関ドアをはじめ扉は可能な限り引き戸に。

プロの提案を取り入れて
理想の家をブラッシュアップ

工務店探しと並行し、土地も探していたOさん。縁あってこの土地を見つけることになるが、その時点で[棟生工務店]の吉富社長に相談することに。「土地を探すことはできたけれど、良し悪しを見極めたり、契約に関することだったりは初心者なので不安で。造成を含め、最終的にどれくらいで購入できるのかなど、売主の方との交渉から依頼しました。地元密着型で相場もしっかりと把握されているので心強かったですね」。

想定よりも広く造ることになった和室。その分、張り出した天井に施した意匠が、結果いい表情作りに貢献。

そしていよいよ上物の建設へ。間取りづくりなどにはOさん夫妻も積極的に参加。自ら図面を引き、相談に出かけていたそう。
「ある程度希望を明確にした上で、社長が“寝室はこっちに配置した方が生活しやすいのでは?”、“生まれたスペースにデスクを作りましょう”など提案をしてくれるので、かなりスムーズでした。照明をはじめディテールはほぼお任せです。そこはもう、間違いないと確信していましたから」。

完成した家に入った時は感無量だったというOさん。大きなリビングを中心に、主寝室と子供部屋、奥さまのご両親が遊びに来た時にくつろいでもらえるようにと加えた和室、さらに水回りまで、それはOさん一家の暮らしにフィットする空間そのものだった。
広々とした空間を設けたがゆえのひんやり感、窓が大きいがゆえの室温変化に関しても、心配は皆無だった。「木や漆喰などの自然素材をふんだんに使っていることももちろんですが、年間を通して家全体が一定の温度に保たれていることを考えると、断熱材の取り入れ方などが本当に上手いんだろうなと感じます。梅雨時期や冷暖房を入れる時期に締めきっていても、こもった感は全くありません。これは床下の『マーベックス』という換気システムのおかげかな。家の性能とデザインを共存させられるところも、棟生さんの魅力なんじゃないでしょうか」。

 

キッチンが明るいと
家事も楽しくなるんです。

一番大切にしたのは、
“わたしたちらしさ”

リビングの一角にデスクを設置。Oさんはキッチンに立つ奥さまと会話しながら仕事をすることも。

 

 

本当に暮らしてみたい家を
実現させてくれるパートナー

Oさんの家を訪ねて最も驚いたのは、やはり坪庭に造られた露天風呂だ。もともと家が完成して落ち着いたら、自ら坪庭に穴を掘り、外風呂を作ろうかと考えていたOさん。ところが、「この雰囲気なら、焼きものの湯船を置くのも良いかもしれませんよ。最初から作ってみませんか?」という吉富さんの言葉に背中を押され、計画をグーンと前倒しに。一家は奥さまの実家・大阪への帰省に合わせて、焼きものの里・信楽の町にも足を運び、この雰囲気にぴったりの湯船を見つけてきたのだ。
「湯船に浸かって見上げると、塀の上には木々が見えて、さらにその上には満点の星空も。昼間は鳥の声、夜にはフクロウの鳴き声が聞こえて、すごく癒されるんですよ。最高です」。
夏場は息子のTくんにとって、格好の水遊びの場にも。
「入浴は金・土と決めているんですが、毎週楽しみで。3人で代わる代わる浸かっています」。

【露天風呂】

“マイホーム”だからこそ、固定概念にとらわれず、家族にとって「居心地良い」「楽しい」場所を造ることを優先しながら家づくりを進めたOさん。「人生において最高に楽しい“大人の自由研究”でした。それを、棟生さんという信頼できるパートナーと一緒に取り組めたこと、本当に良かったと思っています」。


 

Company profile

棟生工務店 株式会社 梁 hari

断熱性・自然素材にこだわり抜いた
職人が造り上げる理想の家

経年を楽しむ耐久性のある構造、職人の技術、木が好き、住む上での機能性・快適性、自分らしさやこだわりといったオリジナリティー。棟生工務店では、家造りに必要な上記の要素とお客様の多種多様なご要望をつなぎ合わせ「住まい」のご提案を致します。

[所]福岡県糸島市志摩稲留4-1
[☏]092-327-5139

[施工エリア]糸島市付近、福岡市(西区、早良区)、唐津市など
[設立]平成7年5月1日
[資本金]300万円
[従業員数]5名(大工職人含む)
[許可・登録]建設業福岡県知事許可(般-26)第107942号
[保証]㈱住宅あんしん保証(10年)、白あり保証制度、地盤保証

[完成見学会]
年6回ほど実施。(HP・SNSにて情報更新中!)
見学会会場の詳細はお問い合わせください。

【棟生工務店HP】←クリック

【公式Instagram】←クリック


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案