トップに
戻る

古き良き和の風合いが生きた 心地良く、たおやかな住空間。

 

[3rd. Cafe LIVING STYLE]がリノベした
Sさんの住まい

 

 

 

「年齢を重ねるたびに、古い和のテイストに惹かれて⋯」。日本の民芸家具を取り入れ、奥ゆかしい空間を表現したS邸。必要に迫られたリノベが、理想の住まいに繋がった好例です。

BEFORE

 

壁紙の修繕がきっかけでこれからも長く愛せる家へ

S家がこのマンションに住んで約20年。当時は新築だった自宅もクロスが剥がれたり、湿気によるカビが生じたりと、気になる部分が露わになっていたそう。また、息子さんが進学で上京したこともあり、使っていた子ども部屋の改装と、壁の張り替えのリノベーションを行なうことに。そこでデザインリフォームが得意な[3rdCafe]に相談した。「施工例を見た時に、自分が好きなテイストに合うなと。また、系列の『サードカフェ』では実際にキッチンの材質や素材の色味を見せてもらえて、使用感のアドバイスも参考になりました」と奥さま。一部からフルリノベーションにプラン変更し、それまで悩みの種だった壁や収納の問題を解消しながら、自分たちの好きな家具やパーツを集めて、和と洋のエッセンスが溶け込む素敵な住まいを作り上げた。

中でも印象的なのは、キッチンとダイニングの優しい佇まい。中央のコンクリート柱の前には、どっしり存在感を放つ日本民芸の収納家具が置かれ、空間に深みを与えている。「自分たちの先々の好みをイメージして、心落ち着く古い和風家具を取り入れてみました」。それを引き立たせるように空間は茶と白をベースに、穏やかな空気感を放つS家らしい世界観を見事に表現した。

 

dining & kitchen

以前は仕切りのあるカウンターキッチンだったけれど、今回はリビングやダイニングに寄り添うアイランドキッチンへ変更。動線が快適になっただけではなく、「家族とより近い距離で会話しながら家事ができるようになった」と奥さまは喜ぶ

 

一度スケルトンに戻し、位置をレイアウトし直したS邸。キッチンやダイニングと繋がるリビングは、天井の色を切り替えることで、ほどよく引き締まった空間に

 

玄関は幅を広げ、埋め込みの収納を作り、靴をサッと片付けられるように。常にスッキリとした美しい玄関を保てるのがメリット

 

 

家族4人の持ち物を収納したウォークインクローゼット。奥行きがあり、取り出しもスムーズ。

 

寝室はシンプル&スタイリッシュなデザイン

 

玄関の片面に民芸家具と絵をディスプレイ

 

シックでモダンな脱衣所。洗面台にはバリ製の鏡を取り入れ、壁付けの造作棚を設けている。

 

子ども部屋は、ウッドプリントとシックカラーの2面の壁紙をセレクト

 

私のリノベオーダー

タイルの色味や床材も自分好みのテイストをチョイス

キッチンのタイルは、『サードカフェ』で見たサンプルに一目惚れし、近いもの選びました。リノベーションを担当してくれた桐谷さん自身、色にこだわりを持つ方なので信頼できました!

 

お気に入りの場所は?

キッチンやダイニングの温もりのある佇まい。ダイニングテーブルの上に3つ並べたモザイクガラスのペンダントライトが可愛らしくて、壁一面の食器棚とタイル張りのキッチンもカフェテイストで大満足です。


Company profile

3rd. Cafe LIVING STYLE

 

低コストでデザインと暮らしやすさを実現

一般的な住宅会社とは一線を画する3rd.Cafeでは、お客様のライフスタイルや要望を隅々までヒアリングしながら住まいを提案。気軽に入れるカフェで家づくりのご相談、ちょっとした質問、情報収集をここから始めてみませんか?エリアでナンバーワンの人気カフェです。

 

[所]福岡県春日市白水ヶ丘4-7 アミティときわ1階
[☏]092-983-3093

[施工エリア]福岡県全域、佐賀県の一部
[設立]平成25年5月
[資本金]950万円
[従業員数]20名(パート従業員含む)
[許可・登録]福岡県知事 許可(般-28)第109784号
一級建築士事務所登録
福岡県知事登録 第1-61320号
[保証]日本住宅保証検査機構(JIO)

 

【3rd.Cafe LIVING STYLE(サードカフェ リビングスタイル)HP】←クリック


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案