トップに
戻る

セルフリノベーションで手に入れたビンテージ感漂うヨットのキャビン。

[長崎材木店]のウィークエンドハウス(糸島市)

エメラルドグリーンをの海を自分のものにできる贅沢空間。

築40年以上んのくたびれていた海辺の別荘を長崎材木店の社長自らセルフリノベーション!社員も利用できるウィークエンドハウスになりました。

 

不動産的価値がゼロの建物をセルフリノベーション

運命的なこの建物との出会いに、長崎社長の心は躍った。「聞けば建物自体の不動産とての価値はほぼゼロだという。でも、私は何とかこの建築を再生したいという思いにかられました。しかも自分の手で、セルフリノベーションをしょう、と。それが1年半ほど前のことです」。

リノベーションのテーマは「ビンテージ感漂うヨットのキャビン」。もともと漆喰で仕上げてあった部屋の壁は、上からアンティーク調のミルクペイントを施すことに。地階にある2つの和室は、一室を洋室に、もう一室を琉球畳を敷いた和モダン空間へと仕上げることにした。赤茶色だった外壁や窓枠はすべて黒く塗装。時間を見つけては楽しそうに作業に出かける社長を見て、休日にはDIY好きな社員たちも手伝いにやってきた。

 

 

living

爽やかな潮風を感じられる開放的なLDK。漆喰だった壁と木の壁を上から塗装。木の天井や床はそのままに、磨きをかけた。元の建物にあったペンダントライトも新しい空間ではモダンでお洒落な印象に

 

kitchen

レンガタイルがはられていたキッチン周辺の壁も小麦粉を混ぜたミルク色のペンキで塗装。小麦粉を混ぜることによってぽってりとした厚みのある仕上がりに。漆喰壁との一体感も生まれる

 

bedroom

元和室だった地下の部屋をベッドルームに。壁も柱もミルクカラーでペイントし、爽やかな印象に。床にはった厚みのある無垢材は、下からくる冷気を和らげる効果も期待できる

 

guest room

4、5名は宿泊できるゲストルーム、地下の和室の畳を縁なしの琉球畳にし、襖だった引き戸も木製に。壁や柱はミルクカラーで塗装することで明るさもアップ。床の間にはアフリカで購入した工芸品をか飾り、異国情緒あふれる空間へ

 

整備したプライベートビーチも家の一部

 

ゆっくりと仕上げていくHOBBY的リノべの魅力

長崎社長をはじめとする、チーム長崎、が童心に帰ってペンキを塗ったり、床をはったり、木を伐採したり。それは家づくりの初心を思い出すワクワクする時間だった。長崎社長はこの建物を「HOBBY」と表現する。「完成はまだまだ先。すぐに終わってしまっては楽しみがなくなってしまう。ゆっくりと時間をかけて、コッコツと作り上げていく。だから目HOBBYなんです」。

ポテンシャルがある建物の魅力を現代のアイデアやセンスで活かし、次代に残していく。これは長崎社長、ひいては[長崎材木店]の願いでもある。蘇った海辺のウィークエンドハウスは、古くても設計が確かな建物であれば、自分たちの手でいくらでも生まれ変わらせるこ
とができるのだと教えてくれる。

 

balcony

佇むと時か過ぎるのをを忘れる、絶景を望むバルコニー。以前はバルコニー前に雑木が鬱蒼と茂っており、暗い印象だったそう。残すべき木を厳選し、視界を遮る木だけを自分たちで伐採。明るくのびやかな視界を手に入れた。

 

リビングを温める薪ストーブは自社スタッフによる施工

 

これからリノべに挑戦する人にアドバイス!

まずはポテンシャルのある遣物を道ぶこと。良い建築は愛情をかけていけばビンテージになります。安いからいい、というのではなく、自分たちが長期にわたり愛情を持って手入れをしていける建物かどうかを見極めてほしいですね。

 


Company profile

株式会社 長崎材木店

 

設計士とつくる素敵な暮らし

長崎材木店では営業担当者を設けず、設計士自らが家づくりをサポートしています。お客さまの想いを汲み取ってデザインした住宅には、塗り壁や無垢材などの自然素材を使うため、住み心地も抜群です。歴史も古く、材料の仕入れから工事、アフターフォローまで、全て自社で行えるのも強みです。

 

[所]福岡県古賀市天神5-10-3
[☏]0120-39-5678

 

[施工エリア]福岡県、佐賀県の一部地域
[設立]昭和53年4月(創業:明治30年)
[資本金]2000万
[従業員数]45名
[許可・登録]福岡県知事登録 建設業許可(般-29)第68058号
一級建築士事務所 第1-10209号
九州不動産公正取引協議会加盟
宅建業許可 福岡県知事(9)第8682号

 

【長崎材木店HP】←クリック


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案