トップに
戻る

愛着あるデニムのように 魅力を増す、家族の歴史

[長崎材木店]がつくった
Iさんの住まい

広い敷地に並んで建つ2軒の邸宅。 1軒は息子さんご一家、もう1軒は ご両親の住まい。[長崎材木店]とIさんが 約3年かけて完成させたこの家で、 新しい家族の歴史が綴られています。

 

ひとつの敷地に2軒の家 親子2世帯で楽しむ暮らし

桜、ケヤキ、クヌギ、カエデ…広い敷地にはもう何十年も前に植えられた木々が雑木林のように茂っている。春はお花見、秋は紅葉を眺めながら過ごす。花が咲き、色づく木々の表情はⅠさんご一家だけでなく、ご近所の方々も楽しみになさっている。

この敷地に、今は2軒の家が建っている。道行く人が思わず足を止めて見入る2階建ての家はIさんご夫妻の住まい。その横に建つ平屋はIさんのご両親の住まいだ。  今から30年ほど前、ご両親はこの土地に小さな病院と住まいを構えた。若かったお2人が開業と同時に建てた家は最低限の間取りしかなかったが、懸命に働き、少しずつ増築をしながらそこで5人のお子さんを育て上げた。お子さんたちが独立し、ご夫婦ふたりで生活する中、医療の道に進んだ息子さんから「一緒に住もう」といううれしい提案が。それならいっそのこと、それぞれの家を建てようじゃないかという話がまとまった。

「私たちは老後、息子たち家族は子育て、と互いの人生のサイクルを考えて、気を遣わなくていいように家もそれぞれ1軒ずつ建てることに。どんな家にするかは、息子夫婦の考えを尊重しました。そうして息子を介して初めてお会いしたのが、長崎材木店さんだったんですよ」とご両親。今から3年ほど前の話である。

 

 

同じフィーリングを感じた ビーチサイドでの出会い

家を建てると決めたIさんの頭には、以前から気になっていた一軒の家があった。それは、サーフィンをしに訪れていた糸島半島の野北のビーチサイドに建つ、ごくごくシンプルな家。愛読しているサーフィン雑誌のサーファーズハウス特集にも、その家は載っていた。

「いつも外観を見ていてカッコいいなと感じていました。何がどうこうというよりも、フィーリングが合う感じがしたんです。雑誌を見たら、その家は長崎材木店が建てたと書いてあった。そこで古賀の展示場を見学、一目でここにお願いしようと決めました」。

天然の木をふんだんに使ったその家は、最初は綺麗すぎて気恥ずかしいかもしれない。けれど、住んでいくうちにどんどん経年美を増して格好良くなる確信がご主人にはあった。「デニムやブーツなどのレザーアイテムと一緒ですね。長い時間をかけて自分たちの好みのテイストに仕上げていける。そこが何よりも魅力的でした」。

ウッドデッキの下にはストーブ用の薪を大量にストックしている

 

ご主人が少しずつ植えた芝生はいい感じで成長中。奥さまが水やりに庭に出ると、息子さんも三輪車で出動!

 

花壇の手入れは奥さまがご担当。「裏庭のフェンスにもアイビーがびっしりと絡むように手入れをしているところです」

 

サーフィンが趣味のご主人。バスルームと直通の入口前には専用のシャワーを設置。ボードのメンテナンスも楽々

 

年を重ねるほどに美しさを増す木の外壁が目を引くI邸。せり出したバルコニーが家の印象をひとまわり大きく見せている

 

貫録あるお住まいと、ご主人の愛車・1976年製のUS TOYOTAのランドクルーザー。こだわりのデザイン同士、相性も抜群

 

お母様の知恵に学びながら スムーズな動線を確保

新しい家に必ず取り入れたかったのは、太い大黒柱。そして子どもの頃から慣れ親しんできた薪ストーブだった。全体的に木を多用しながらも洗練された印象を受けるところが、何とも[長崎材木店]の家らしい。

「壁の素材は面ごとに細かく注文。フィーリングが合うので話が早かったですね。大黒柱に合わせてカウンター用の一枚板を発注したのですが、これが想像以上に分厚くて、大丈夫かなと思っていたら空間にピタリとハマった。見立ての感覚もさすがだなと感心しました」とご主人は話す。

一方、収納の位置や生活動線に関してのオーダーは奥さまがご担当。「私の実家も家族構成に合わせて増築してきた家だったので、この家を建てる際にも母の意見を参考にしました。キッチン周りなどは、母の主婦ならではの知恵に学んで決めた部分がたくさんあります」。使い勝手の良さはもちろん最高。家中に満ちるおいしそうな料理の匂いは、幸せなIさんご一家の象徴だ。

 

 

広い庭に面して広い開口部が設けられたご両親の住まい。庭にはお父様お手製のベンチが置かれていた

 

自然が大好きなご両親が丹精込めて育てた木々は立派に成長。お父様は家の近くの畑で自家菜園も楽しんでいる

 

家族を見守る太い柱や梁の存在感は、 きっと100年先も揺るがない

 

私が好きな場所

[ウッドデッキ]

日当たりのいいウッドデッキはお母様のお気に入り。庭を駆け回る愛犬の様子も、ここに座ってのんびりと見守ることができる


Company profile

株式会社 長崎材木店

 

設計士とつくる素敵な暮らし

長崎材木店では営業担当者を設けず、設計士自らが家づくりをサポートしています。お客さまの想いを汲み取ってデザインした住宅には、塗り壁や無垢材などの自然素材を使うため、住み心地も抜群です。歴史も古く、材料の仕入れから工事、アフターフォローまで、全て自社で行えるのも強みです。

 

[所]福岡県古賀市天神5-10-3
[☏]0120-39-5678

 

[施工エリア]福岡県、佐賀県の一部地域
[設立]昭和53年4月(創業:明治30年)
[資本金]2000万
[従業員数]45名
[許可・登録]福岡県知事登録 建設業許可(般-29)第68058号
一級建築士事務所 第1-10209号
九州不動産公正取引協議会加盟
宅建業許可 福岡県知事(9)第8682号

 

【長崎材木店HP】←クリック


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案