トップに
戻る

光と風を感じる心地よさ 自然に抱かれて暮らす家

[長崎材木店]がつくった
Mさんの住まい

 

Mさん夫妻が思い描いていたのは 自然素材の呼吸が聞こえそうなナチュラルな家。 設計、施工、造園に女性スタッフの力を借りて やさしいニュアンスを、確かなデザインに仕立て 家族の暮らしが温もりあふれる家を完成させました。

 

 

古くなるのが楽しみになる家を 自然素材でつくりたい

風が通り、光が入る、自然の中で暮らしているようなナチュラルな家。それがMさん夫妻の思い描く理想の住まい。そのイメージにぴったりだったのが、[長崎材木店]のウッドヴィレッジで見たモデルハウスだったと言う。「ハウスメーカーも数件見ましたが、高気密高断熱の性能重視のところはピンとこなくて…。私たちが好きなのは、〝自然のものを使って建てる、自然と共存できる暮らし〟。無垢の木でできた床と、塗り壁の家はすごく落ち着けて、雰囲気がとても気に入りました。それにスタッフの方が要望をしっかり聞いてくれるうえに、たくさんアイデアを提案してくださって。ここなら安心だと思い、依頼を決めたんです」。

打ち合わせは、間取りや素材のことに留まらず、〝暮らし感〟にもおよんだ。家は雨露をしのぐだけの場所ではない。どんな雰囲気の中で、どんな気持ちで、どんな風に過ごしたいか?スタッフとのやりとりは、価値観を見つめなおすきっかけにもなったようだ。―シンプルな暮らしが好き。ものが古くなっていくことも大切にしたい―その思いは、この家の随所に刻まれることになった。ご主人の実家にあった古い木のイスはダイニング用になり、下駄箱はリメイクしてリビングの収納に変身。3代前から受け継いできた古い仏壇も和室の一角に収められた。「家と一緒に歳を重ねるのが楽しみな家になりました」。

 

外観のアクセントになっている木製ルーバーは洗面所とバスルームの目隠しの役割も果たしている

2階の家族共用のフリースペースにも吊るしたハンモックは、柔らかな陽ざしに包まれ、昼寝のベストポジションに

 

柱や天井、床は杉の無垢材。壁は調湿効果の高いオリジナル調合の塗り壁。自然素材の空間はいつも空気が心地よい

お子さんも10歳ですっかり分別のある年齢。 階段にはあえて手すりをつくらず、開放感をだした

吹抜けを介して1階と2階がゆるやかにつながる。2階の踊り場はカウンターをつくり家族共用のフリースペースにした

男女2人の設計士が担当 提案のバリエーションが豊富

友人家族と食事を楽しむ機会も多いため、「人がたくさん集まる家にしたい」というのも要望の1つ。客数に応じて寛ぐ空間を広げられるように、LDKと続き間で和室を設けることにした。また、なるべくシンプルに暮らしたいとの思いから、空間の統一感にもこだわったのも特徴。雑然としがちなキッチン回りには造作収納にして、ダカウンターと一体型のテーブルをつくりダイニングとした。「普段の食事はこのサイズで十分。動線も短くなって片付けも便利です」。

今回のプラン作成は男女2人の設計士が担当。「男女それぞれの視点からの提案はありがたかった」とMさん夫妻は振り返る。同社では施工、造園のスタッフもチームに加わり、全員で協力しながらプランを練り上げる手法をとっているとのこと。「設計士だけでは気づかないアイデアを出しあえるのがメリット。今回、和室を開放的に使うために、壁で囲わず、リビングとアクリル障子で仕切るアイデアは、このミーティングから生まれたものです」と設計士は明かす。

かねてより自宅の中にハンモックを吊るしたいと憧れていたそう。「別のハウスメーカーでは即刻却下された」そうだが、頑丈構造の[長崎材木店]ならまったく問題ナシ

 

家に入った瞬間の印象を大切にするため玄関は広めに確保。客用と家族用の2つの上り口を設けて散らかりを防いでいる

 

背面の収納はすべて杉の無垢材で造作。リビングとの統一感が生まれた

 

宙に浮いたユニークなデザインのスパイス収納がリビングとの目隠しに

 

オリジナルにこだわって洗面台も造作。この家のふさわしいナチュラルでシンプルなデザイン

 

 

施工や外構にも 女性らしさを活かして

家事のしやすさへの配慮や、好みのデザインのニュアンスなど、感性が近しい女性同士のほうが伝わりやすいこともある。今回は現場監督が女性だったことも、奥さまにとっては心強かった様子。「現場で監督さんから変更を提案してくださるなど、臨機応変に対応していただき、本当によかったです」。仕上げの外構のデザインも、女性ガーデナーがセンスを発揮。高低差のリズムを感じさせる植栽や、奥行きを感じさせるアプローチが、住まいに彩りを加えた。「自分で選んだお気に入りの苗をスタッフさんと一緒に植えたことも良い思い出です」。施主と工務店がタッグを組んでつくった家には、たくさんのアイデアと思い出が刻み込まれたようだ。

子ども部屋にはロフトをつくって。隠れ家のような空間は子どももお気に入り。

 

主寝室は朝の寝覚めも良くなる2面採光。傾斜天井を活かした開放感でゆったり寛げる

Mさんファミリーとスタッフ。「要望を伝えると、それを上回るアイデアと提案がもらえて、毎週の打ち合わせが楽しかった」と振り返る

 

私のすきな場所

[趣味の部屋]

小物や洋服を縫ったり、プリザーブドフラワーをつくったり、奥さまが趣味に没頭できる空間。作業デスクとストック用の収納を造り付けた


Company profile

株式会社 長崎材木店

 

設計士とつくる素敵な暮らし

長崎材木店では営業担当者を設けず、設計士自らが家づくりをサポートしています。お客さまの想いを汲み取ってデザインした住宅には、塗り壁や無垢材などの自然素材を使うため、住み心地も抜群です。歴史も古く、材料の仕入れから工事、アフターフォローまで、全て自社で行えるのも強みです。

 

[所]福岡県古賀市天神5-10-3
[☏]0120-39-5678

 

[施工エリア]福岡県、佐賀県の一部地域
[設立]昭和53年4月(創業:明治30年)
[資本金]2000万
[従業員数]45名
[許可・登録]福岡県知事登録 建設業許可(般-29)第68058号
一級建築士事務所 第1-10209号
九州不動産公正取引協議会加盟
宅建業許可 福岡県知事(9)第8682号

 

【長崎材木店HP】←クリック


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案