トップに
戻る

純和風の家が、光に満ちたカフェのようなわが家に。

[ホームランド]がリノベした
Kさんの住まい

 

閑静な住宅地に佇む築28年の平屋が、ビンテージ感のあるカフェのようなわが家へ。 ホームランドとともに、思い描いていたリノベーションを実現したKさんは、「休日も家で過ごすのがいちばん楽しい」。 空間に合わせてDIYにもチャレンジするなど、暮らしへの好奇心もますます広がっています。

リビングの広い開口部は樹脂製のサッシとペアガラスに変更し気密性をアップ。幅広のパイン材、天井から吊るカーテンなど空間をより広く見せるアイデアに注目。

 

 

打合せをスムーズにした ホームランドの提案力

K邸を訪れたのはこの冬の日曜日。サンルームのように明るいダイニングは表の寒さを感じさせない暖かさに包まれ、キッチンからは挽きたてコーヒーのいい香りが伝わってくる。しあわせな休日のワンシーンがそこにあった。

コーヒーを振舞ってくれたご主人は、「この物件と出会えたからこそ、リノベーションに踏みきることができました」とふりかえる。

もともとマンション暮らしをしていたKさんご一家だったが、より静かで安心して過ごせる生活空間を求めて、戸建ての購入を考え始めたそうだ。 「最初は新築も頭に入れていましたが、ホームランドさんと話をするうちにリノベーションの可能性を感じ、中古物件探しに力を入れるようになりました」。

リノベーションのパートナーであるホームランドとともに物件探しが始まり、ちょうどいいタイミングで出会ったのが、築28年の純和風の平屋。築年数は経っていたものの耐震基準を満たしており、水廻りの設備等も入れ替えられたばかり、大きな破損も見られない。「前の住人もこの家を愛しみ、大切に暮らしてきたことがわかった」のも、購入の決め手だったという。 「中古物件とはいえ、そのまま和風の家に住んでもいいほどキレイな状態。前の持ち主の方への感謝の気持ちを込めて、この家を大切に、自分たちが思い描く住まいをつくろうと思いました」。

ご夫妻が思い描いたのは、理想は軽いアンティーク感が漂うカフェのような空間。そして、家事にいそしむ奥さまが家族みんなを見渡せるように、キッチンを中心とした空間づくりが始まった。

共働きで幼い2人のお子さんの子育てにも忙しいご夫妻の状況を考え、打合せはできるだけ回数を少なく、その分1回ごとの密度を濃くして進められた。 「少ない打合せで納得のいくプランを立てられたのは、ホームランドさんの提案力のおかげだと思います。私たちはスタッフの黄さんにいろんな要望をお話ししました。彼女が僕らの話を通して本当に望んでいるのは何かを汲み取り、プランに反映してくれたから、打合せがスムーズに進んだのだと感じています」。

 

リビング・ダイニングに目が行き届くアイランドキッチン。背面収納とパントリーは造作。収納するアイテムのサイズに合わせて設計したので使いやすく、常にすっきりとした状態をキープできる

 

一体感がありながら独立性もあるL字型のLDK。1日のほとんどを過ごす空間だからこそ贅沢な広さを確保。4.玄関に飾られたディスプレイ棚もご主人の手づくり

 

外壁やアンティーク風のタイルを埋め込んだ外塀はクリーム色で統一。

 

ダイニング横の造作カウンター。お子さんたちのスタディコーナーとしても活躍。

 

天窓から自然光がさしこむ明るい玄関。正面の収納スペースへの入り口にはアールをつけて優しい表情に

 

 

気密性と断熱性を高めて 冬も夏も快適な空間に

リノベーションを経てKさんご一家がこの家に住み始めてから、もうすぐ1年が経つ。「特に冬の寒い時期に、この家の快適さを実感します」とKさん。昔の戸建てで感じていたような底冷えはなく、エアコンなどで一度部屋を暖めておくと、長くほんわりと暖かな状態が持続するという。 「それに、静かで落ち着いて過ごせるところがありがたいですね。子どもたちが走り回っても、マンション時代はまわりへの迷惑が気になって仕方がなかったけれど、今では楽しそうな表情を見ているだけで叱る気にならない。毎日穏やかに暮らせています」。

また、ご主人は「この空間に合うリビングテーブルがなかったので、自分でつくってみた」のをきっかけに、DIYにも興味を持つようになったのだそう。春になり気候が良くなったら、いよいよ庭づくりに取り掛かる予定だ。 「以前は休日ごとに外出していましたが、今はこうして家で過ごす時間が楽しくなりましたね。ホームランドさんにわが家の土台はつくっていただいたので、これからは自分たちでゆっくりと少しずつ手を加えていきたいと思います」とおふたり。愛おしい空間だからこそ、手間をかけて育む価値がある。そして、その想いに家もまた応えてくれるのだと、K邸は教えてくれる。

コーヒーのいい香り広がる光に満ちたダイニング
庭を眺める2面の開口部を持つダイニング。サンルームのように光に満ちた明るい空間。

 

子ども部屋になる予定の個室には、ステンドグラスで明るさを確保。

 

構造上、必要だった柱にはアンティーク加工を施した板を貼り付けて風合いを出し、時計を取り付けた。「空間のアクセントにもなりよかったです」とご夫妻

 

使えるものは使うが、かしこいリノベーションのルール。水廻りの設備は比較的新しかったK邸の場合、システムキッチンはリノベーション前のものを再利用し、ガスコンロだけIHヒーターへと変更した。キッチンのまわりをパイン材で囲み、カウンターをつけて空間に馴染むデザインに

 

北側に位置する主寝室。天井に明り取りを新たに設け、落ち着きのある自然光を確保。

 

奥さまのリクエストで、水色のクロスと腰壁でメリハリをつけたトイレ。

 

ドアの色を変えてアクセントに。スイッチやドアノブ、照明器具はインターネットで好みのデザインをセレクト。

 

カラフルなモザイクタイルで造作した洗面所。

 

玄関横に位置する個室との間の壁にお気に入りのステンドグラスを入れ、相互の明るさを高めた。

 

キッチン横に造作棚を設置。ディスプレイの楽しみも。

 

リビングとつながる個室は和室から洋室へ。建具を工夫し、空間を広く使えるように配慮した。


Company profile

株式会社ホームランド

 

南仏プロヴァンス風オーダーの家

お客様の意見を尊重しつつ、一緒に造り上げる住まいづくりを推進しています。新築では南仏プロヴァンス住宅を中心に「経年美の家」を提案。見学会は実際に建てられた施主様のお宅をご案内し、暮らしに根づいた家を見て、生の声を聞くことができます。

 

[所]福岡市中央区薬院2-4-15
[☏]0120-724-112

 

[施工エリア]福岡県全域
[設立]平成5年6月
[資本金]1000万円
[従業員数]11名
[許可・登録]福岡県知事許可(般-29)第97745号
福岡県知事免許(6)第12824号
宅地建物取引業
[保証]JIOによる住宅瑕疵担保責任保険
ハウスワランティー地盤保証20
福岡県木造住宅協会
九州・山口匠の会
長寿命住宅普及協会

 

[完成見学会]随時受付中!
※詳しくはお問合せください。

【株式会社 ホームランド HP】←クリック


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案