トップに
戻る

家も人も、 ずっと長く 健康で、美しく。 経年美の家づくり

[ホームランド]がつくった
Dさんの住まい

いつまでも愛着のある家を建てたい。そして、いつまでも長く、美しく、位康に様らしたい。私たちのそんな願いをかたちにした一棟の家を訪れました。
[ホームランド]が処てたその家は「アモーレ」。
日本語で愛を意味する名前を持っています。家にも、人にも愛情を持って建てられたこの家で私たちは「どうすれば家も人も、ずっと長く健康で美しく生きていけるか」その問いかけへの答えでもあるような、いくつかの約束を見つけました。

 

からだにやさしい温度と湿度を全館に。

家は多くの大切なものを守っている。日々の暮らし、大事な財産、そして住まう人のいのち。誰もがこれらをしっかり守ってくれる家を建てたいと、心の底から願っている。

一方で、日本人は昔からとてもがまん強かった。伝統的な日本家屋は冬になるととても寒かったが、日本人はそれにじっと耐えていた。けれども、現代では家の中の温度差や寒さが人のからだに大きなストレスを与えることがわかっているし、家の性能も随分良くなった。たとえば、季節による血圧変動がもっとも高くなるのが冬。現代の家はこの冬の温度差をなくすため、部屋の中だけでなく廊下やトイレ、浴室などもすべて暖かく保てるように工夫がなされている。

 

健康維持のためには、温度と並んで湿度の管理も重要だ。たとえば、アレルギーの原因にもなっているのが、家に発生するカビやダニカビは湿度の高い場所を好み、カビが増えるとこれを好むダニの繁殖も活発になる。逆に湿度が低すぎる部屋ではのどの粘膜が傷つくなど風邪をひきやすくなってしまう。つまり、健康な日々を過ごすには、部屋の湿度を常に0から60%に保つことがベストなのである。
世の中に温度管理ができる家は増えてきたが、湿度管理までできる家はまだまだ少ない「子どもからお年寄りまで、誰もが安心して健康に暮らせる家を建てよう」。そんな想いから室内を常に理想の温度と湿度に保つよう開発されたのが、[ホームランド]が提案する『アモーレ』だ。

外断熱を施した『アモーレ』は天井裏に専用のエアコンを入れ、建物全体を温風で暖められる設計。たとえ寒さが厳しい冬でも、部屋はもちろんバスルームやトイレでも20℃以上の室温をキープする。また、九州ではまだ数少ない湿度コントローラーを導入し、室内の湿度を常に40から60%に保つ。しかも、これらの機器は稼動年数が長く、負担のかからない価格で取り換えられる点も大きな魅力だ。住む人がいつまでも長く、人生を楽しめるように、まずは人々の健康を守る。それが『アモーレ』が果たす、最初の約束だ。

幸せな人生の舞台は、愛でできている。

子どもたちは社会人へと成長。これから自分たちの人生を改めて楽しんでいくために。
Dさんご一家が建てた第2の家は『アモーレ(愛)』でした。

 

日本よりも厳しい冬を過ごすスウェーデンの玄関ドア。厚みのある天然木を使い高い気密性を誇るだけでなく、表面に施されたシックでエレガントな飾りも魅力

海外のホテルを彷彿とさせるキッチン横のリラクゼーションスペース。大理石の床、石積みの壁、ともに本物を使うため人造のものにはない高級感が感じられる

100年先はさらに美しい家。

本物の素材だから色あせない美しさ。

[ホームランド]が手掛ける『アモーレ』の、2つめの約束。それは、100年経っても快適に暮らせる家であること。躯体が丈夫で高い機能性がリーズナブルな費用で維持できるのはもちろん「歳月を重ねるほどに美しくなる。それが『アモーレ』なのだ。

だから使用するのは本物の素材だけ。100年以上経って、なお味のある深い表情を持つ海外の建築物や街並みを目にすれば、本物の素材の価値は一目瞭然。家もまた同じはなしだ。『アモーレ』の構造体に使うのは熊本県小国産の木材。白アリを防ぐ対策も万全だ。また屋根には風雨にさらされるほど味わいを増す瓦を、外壁にはスイスの漆喰を、それぞれ昔ながらの工法で取り付けたり塗ったりする。

ラグジュアリーな室内を演出する石や大理石も人造のものは色が褪めるため使わない外構に見られるスライスレンガはベルギーの職人が1個1個手づくりしたものだ。

さらに、家全体の趣を豊かにしているのが、イギリス製の門扉や古いステンドグラスなど、様々な場所に取り付けられたアンティークアイテム。やはり時間を経てきたものだけが持つ、凛とした美しさに見とれてしまう。

本物の素材は時が経つほどに美しく、昧わい深い人生もまた、同じように成熟した時間でありたい細部にまでこだわりが行き届いた『アモーレ』を見ていると、しみじみとそういう風に感じる。

 

広々と開放的なリビング。1階の床は節目がなく硬質で、なめらかな肌ざわりのブラジリアンハードチェリー。幅広い材を組合せているため空間に広がりが生まれる。壁は漆喰の塗り壁

 

キッチンの後ろに設けられた3匹の愛猫専用の部屋。この中も温度・湿度ともに快適な状態で保たれており、猫たちも快適。気持ちよさそうに過ごしている

リビングとひとつながりになる和室。ダークグリーンの畳は、傷みにくい和紙製。モダンな雰囲気を演出できる。格子の扉でリビングと和室を仕切ることもでき、独立した客間としても使える。扉の中段と下段はそれぞれ二重の格子となっており、格子をずらすと中が見えないように配慮されている

 

LDKに設えられたヨーロッパの古いホテルで見られるような石壁。コーナーに取り入れるだけで日常の空間が非日常の雰囲気へと変わる

デザイン性と機能性どちらも備えるのが理想。

デザイン性だけが優れていても、幕らしにくければ居心地は良くない機能性だけが長けていても、見た目が美しくなければ心は躍らない。本当に後悔しない良い家とはデザイン性と機能性、どちらにも配慮された家。『アモーレ』はその理想をかなえるため、設計の細かい部分に至るまで配慮が行き届いている。
『アモーレ』の特徴である湿度コントローラーは、目につかないところに設置。点検や修理など、必要な時にだけ扉を開けて機器を調べられるようになっている。また、室内のエアコンなどの空調設備はすべて天井裏に取り付けられているため、室内の美観を損なうこともない。
これまでプロヴァンス風の家づくりで定評のあった[ホームランド]だが、こうした心遣いがそこかしこに生きているからこそ、『アモーレ』はどんなタイプのデザイン、インテリア
にも対応できる。空間演出の自由度が高いのも愛着が湧く理由のひとつだ。

 

家族で使えるアイランドキッチン。伝統的な工法にこだわる一方で、キッチンなどの水まわりの設備は機能的で手入れがしやすいデザインで統一。スタイリッシュなアイランドキッチンは母娘で一緒に家事を楽しめる余裕の広さ。ゲストを迎えた時は会話を楽しみながら料理を楽しめるし、ちょっとしたテーブルとしても十分機能する

 

湿度を管理できる家は健康を管理できる家。

温度湿度計は上段が室内の温度と湿度、下段が屋外の温度と湿度を表示している。『アモーレ』の室内は常に40〜60%をキープしている。

 


リビングに設置された湿度コントロールの操作パネル。上段は家全体の調湿と換気、除湿、加湿を調整するパネル。天井の通気口から換気・除湿・加湿を行う。中段は2階、下段は1階の各部屋の湿度を調整するためのパネル。下の2段は照明のコントローラー。また、シューズクロークの奥に設置された調湿機能本体にはPM2.5を除去するフィルターも入っており、屋外の空気をきれいにして室内へ運ぶことができる。この調湿コントローラーは九州の住宅にはまだ数台しか導入されていないが、室内環境への意識が高い病院などで活用されている。健康維持に役立つのはもちろん、美肌効果も期待できるのだそう。

 

シューズクロークの奥に設置された調湿コントローラーの本体。普段はアンティークの扉で隠し、身だしなみを整える姿見をかねている

 

ペアガラス以上の断熱性を獲得するため、『アモーレ』の窓はすべて高い気密性を誇る三層の樹脂サッシを標準装備。スウェーデン製の玄関ドアも厚みがあり、玄関も冷たい外気の影響をうけにくいように配慮されている

自信を持って次世代に手渡せる空間。

玄関から廊下へ、奥行きを活かした美しい設計。床は本物の大理石。ヴィンテージ加工を施した梁をアクセントに

 

ガレージに直接出入りできるご主人の個室。釣りを楽しむための道具が造作棚に整理されている。

 

ご夫婦の主寝室。屋根の勾配を活かした心落ち着く空間。奧に広々としたウォークインクローゼットを配置

 

上は2階、下は1階の洗面所。娘さんたちが使う機会も多い2階の洗面所はヨーロビアン調の設え。パウダリーコーナーとしても活用。1階の洗面所は奥さまが選んだタイルの彩りが上品。こちらも家族が並んで使える

 

浴槽とは別に設けられたシャワールーム。家全体が暖かいため、冬でもシャワーだけでも十分に温もることができるそう。

 

清潔感あふれるトイレは洗面所と同じ色調のタイルで品良く彩られている

 

人生経験豊富な大人にこそふさわしい家。

世の中にはある程度年齢を重ねて、はじめて身にしみて分かることがたくさんある。
家もそのひとつではないだろうか。自分たちの健康を守ってほしいという切なる願いも、アンティークのように年々味わいを増す本物の素材の魅力も、初めて家を建てる若いときにはそこまで頭に入れてないことかもしれないけれども、年齢を重ねると「いつまでも長く健康で、愛着のある住まいで暮らしたい」という想いは切実になる。

だから[ホームランド]は家を建てた10年先、0年先にも後悔しないように、健康と機能性、そして美しさにこだわった住まい『アモーレ』を開発した。豊富な人生経験を持ち、子育てからも手が離れ、改めて自分たちの人生を楽しみたい。そして本当に良い家を次の世代へ手渡したい。

そう考えている大人たちにこそ見てほしいのが[ホームランド]の『アモーレ』。自分の人生へ、そして子どもたちへのアモーレ「愛」がぎっしり詰まった家である。

 

いつまでも健康で心豊かな人生を。

『アモーレ』は国が定める長期優良住宅の基準をクリア。自然素材を用いて構造や骨組も頑丈。躯体的にも性能的にも長く住める家に必要とされる高い基準を満たしている。さらに、100年先の健やかで美しい暮らしをイメージしてスペックを強化。家全体の温度と湿度をコントロールし、からだに負担のかからない適温と、カビやダニの繁殖を抑え喉や肌にも優し
い40〜60%湿度を維持する。いくつになっても健康で、毎日を楽しむ余裕がある。そんな心豊かな人生を『アモーレ』は約束してくれるはずだ。

 

次世代へ手渡せる真に美しいデザイン。

『アモーレ』のコンセプトは100年先も美しい家。どんなテイストの家を建てるとしても、用いる素材はすべて自然の素材や伝統的な職人の仕事によって生まれるものと決めている。これは歳月を重ねるほどに深い味わいが出てくるため。子どもたちの世代へ手渡す頃には、家そのものがさらにいい表情になっているはずだ。なお、室内の間取りはリフォームによって変更が可能。家族の人数やライフスタイルに合わせて、暮らしやすいように間取りを変えながら長く住み継いでいくことができる。

 

『アモーレ』は表面だけを美しく飾った単に格好いいだけの邸宅ではありません。
年を重ねるほどに不安になる健康や次世代への想いも、すべて受けとめる”愛”にあふれた家。家の隅々に息づく住まう人と、そして家そのものへの愛情をどうぞゆっくりと感じてください。


Company profile

株式会社ホームランド

 

南仏プロヴァンス風オーダーの家

お客様の意見を尊重しつつ、一緒に造り上げる住まいづくりを推進しています。新築では南仏プロヴァンス住宅を中心に「経年美の家」を提案。見学会は実際に建てられた施主様のお宅をご案内し、暮らしに根づいた家を見て、生の声を聞くことができます。

 

[所]福岡市中央区薬院2-4-15
[☏]0120-724-112

 

[施工エリア]福岡県全域
[設立]平成5年6月
[資本金]1000万円
[従業員数]11名
[許可・登録]福岡県知事許可(般-29)第97745号
福岡県知事免許(6)第12824号
宅地建物取引業
[保証]JIOによる住宅瑕疵担保責任保険
ハウスワランティー地盤保証20
福岡県木造住宅協会
九州・山口匠の会
長寿命住宅普及協会

 

[完成見学会]随時受付中!
※詳しくはお問合せください。

【株式会社 ホームランド HP】←クリック


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案