トップに
戻る

好きなものと空間に包まれる世界で一つの愛しい我が家

[ディベック]がリノベした
大野城在住/Dさんの住まい

 

3年ほど暮らした第二の故郷で集めた小石原焼き。タイル職人の父親との共同作業で実現した、たくさんの想いが詰まった最高の家づくり。

家づくりを楽しみたい!

そんな想いでリノべを選択

夫婦ともに一軒家育ちのDさんは、自然と戸建て新築をイメージしていたという。予算に合う建売を見学したところ、ほぼ規格が決められているため、家づくりのワクワク感を感じることができず⋯。「自分たちが住む家ならこうしたいという気持ちがそれぞれにあり、ディ・ベックさんに相談したんです」。マンションから戸建てまで深く知るディ・ベックの設計士の大﨑さんは打合せで、夫婦の曖味な表現を汲み取り的確に言語で示してくれて、理想はここでしか実現できないと感じたという。そんな大﨑さんが見つけてきたのは、階下はエントランスで南東向きの角部屋、家族4人で住んでも広々という絶好の物件。Dさんご夫妻の楽しい家づくりがスタートした。なかでも夫婦がこだわったのはキッチン。ウッドワンのシステムキッチンをベースに収納スペースを十分に取り、家事動線にも気を配った。「キッチンの位置変更含め、私たちだけでは想像できない提案が魅力的でしたね。子どもたちが遊んでいる姿をキッチンから見守ることができますし、お風呂から呼ばれてもすぐに行けます」と奥さまも満足そう。

 

 

家族が集うリビングで目を引くのは、コーナーのタイル部分。部屋の雰囲気をぐっと素敵に魅せる演出は、職人であるDさんのお父様と大﨑さんのコラボで実現。「長男は引っ越し当日、新しい家に興奮して寝付けず大変でした(笑)」と語る一方、ご夫妻は引っ越しの片付けが一段落して2人でダイニングでコーヒーを酌み交わした時に「ディ・ベックさんに頼んで良かったね」と、しみじみ語り合ったという。そんなDさん邸を、最近まで暮らしていた思い出の土地で集めた小石原焼きが静かに見守っている。

窓から太陽の光が差し込み、家族が集うリビングダイニングでは子どもたちも自然と笑顔に

家族が思い思いにくつろげる陽当たり抜群のリビング。元気いっぱいの2人の子どもたちが走りまわっても階下はエントランス部分なので足音を気にすることもない。一軒家のように収納スペースがたっぷりとあれば、掃除もしやすくスッキリ暮らせるとリビングとキッチンの壁一面にもクローゼットを設置。大好きな小石原焼きの器も収納できて大満足。

キッチンからも個室からも動線を結び、家の中を回遊できる設計に。水回りの床には、グレイ調のタイルを選択

「使い勝手がとてもよく、とにかく収納が多くてうれしいです」と奥さま。小石原のガラス工房で見つけた照明が木のぬくもりでいっぱいの空間にマッチしている


Company profile

ディ・ベック株式会社

 

家族みんなが笑顔になれる家づくりを

私たち自身が、今まさに子育て世代だからこそ気付けることがあります。デザイン性はもちろん、使いやすさも重視し、家族みんなを笑顔にできる家を実現します。お客様の個性が表れる、そんな家づくりを目指し、ご要望・価値観をじっくりと伺いデザイン・リノベーションをします。

 

[所]福岡市城南区七隈6-18-43
[☏]092-874-5311

[施工エリア]福岡市近郊
[設立]平成28年4月
[資本金]1000万円
[従業員数]2名

 

【ディ・ベック株式会社HP】←クリック


  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案