トップに
戻る

祝!映画公開記念!7月2日(金)より博多の定番土産と映画『100日間生きたワニ』のコラボ商品『わにかせんぺい』販売決定!

開催日時

株式会社東雲堂(本社:福岡県福岡市博多区 代表取締役:高木 雄三)は、 7月2日(金)より、 アニメーション映画『100日間生きたワニ』とコラボレーションし、 二○加煎餅 大・3枚入の『わにかせんぺい』を期間限定で販売いたします。

 

箱の中には「わにかせんぺい」3枚とおまけのにわか面

 

「わにかせんぺい」は、 古くから博多の郷土芸能・博多仁和加の半面を形どった、 福岡おなじみのお菓子「二○加煎餅(にわかせんぺい)」と、 アニメーション映画『100日後に死ぬワニ』のコラボレーション商品として誕生!

パッケージ、 焼き印、 そしておなじみの「にわか面」は、 作者・きくちゆうき先生の描きおろし。 作品ファンは要チェック!

 

(C)2021 100WFP

【商品情報】
商品名:わにかせんぺい 特大3枚入
内 容:3枚入1箱
価 格:756円(税込)
発売日:2021年7月2日(金)

【購入できる店舗】※詳しくは店舗にてお尋ねください。
株式会社東雲堂 本社売店、 博多駅マイング店、 博多駅デイトス店、
オンラインショップ( http://store.toundo.co.jp/shopdetail/000000000042/ )

【6/26(土)~オリジナルグッズも販売!】
オリジナルグッズ販売サイト「にわかファン東雲堂」では、 Tシャツやサコッシュなどの『わにかせんぺい』コラボレーショングッズも期間・数量限定で販売!再入荷、 再生産は未定のため、 お早めに。

詳しくはこちらから▼
https://niwakafan.theshop.jp/

 


【映画『100日間生きたワニ』とは】

 

 

 

(C)2021 100WFP

変わってしまった日常、 続いていく毎日
こんな時代だからこそ、 前を向いて進んでいくあなたへ贈るー

【STORY】
桜が満開の3月、 みんなで約束したお花見の場に、 ワニの姿はない。
親友のネズミが心配してバイクで迎えに行く途中、 満開の桜を撮影した写真を仲間たちに送るが、
それを受け取ったワニのスマホは、 画面が割れた状態で道に転がっていた。

100日前―――
入院中のネズミを見舞い、 大好きな一発ギャグで笑わせるワニ。 毎年みかんを送ってくれる母親との電話。 バイト先のセンパイとの淡い恋。 仲間と行くラーメン屋。 大好きなゲーム、 バスケ、 映画…
ワニの毎日は平凡でありふれたものだった。

お花見から100日後――
桜の木には緑が茂り、 あの時舞い落ちていた花びらは雨に変わっていた。
仲間たちはそれぞれワニとの思い出と向き合えず、 お互いに連絡を取ることも減っていた。
そんな中、 みんなの暮らす街に新たな出会いが訪れる。
引っ越ししてきたばかりで積極的なカエルに、 ネズミたちは戸惑いを隠せず…

変わってしまった日常、 続いていく毎日。
これは、 誰にでも起こりうる物語。

2021年7月9日(金)全国公開決定!

『100日間生きたワニ』公式サイト
https://100wani-movie.com/

 

【各種お知らせはこちらから】
▼東雲堂公式ホームページ
http://store.toundo.co.jp/

▼東雲堂公式SNS
<Twitter>
https://twitter.com/kihichi?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

<instagram>
https://www.instagram.com/niwakasenpei.toundo/?hl=ja

▼にわかファン東雲堂(グッズ)
https://niwakafan.theshop.jp/

 

 

詳細情報

開催日時:
備考:
※販売終了期間は、商品が完売した場合に早まる可能性がございます。

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集