トップに
戻る

【映える鹿児島旅】走るレストランorレアなローカル鉄道、あなたはどっち? 美しい車窓と心温まる接客でゆったり癒し旅。

新幹線停車駅の鹿児島県川内駅と熊本県八代駅間を運行する肥薩おれんじ鉄道は、ローカル列車の普通列車と観光列車「おれんじ食堂」を、旅のテーマに合わせて選べる点が魅力です。なかでも観光列車「おれんじ食堂」は美食と絶景を心ゆくまで楽しめる特別仕様の列車で多彩なプランは幅広い世代から喜ばれています。

海沿いの沿線を走る観光列車「おれんじ食堂」。車窓からの絶景や心のこもったおもてなしが楽しめます。

ロゴマークは鉄道の車輪と社名をモチーフにしています。明るい色合いもいいですね。

普通列車はのんびり列車旅に最適。自転車を無料で持ち込めるサイクルトレインも運行しています。レンタサイクル観光にもいいですね。

そしてイチオシが観光列車「おれんじ食堂」。地元食材満載の美食と沿線の絶景という最強コラボです。

観光列車「おれんじ食堂」の1号車。車両デザインは人気デザイナーの水戸岡鋭治さんです。食事をいただく車両はホテルのカフェダイニングをイメージ。木を使った優しい雰囲気で、大きな窓が開放感を高めます。

こちらは2号車。明るい色合いの木を贅沢に使っているためか、洗練された高級感の中に、どこか温かさを感じます。

「走るレストラン」とも呼ばれるおれんじ食堂の料理は利用する便によって様々。こちらは2便のスペシャルランチの一例です。

和食ランチもあります。いずれも地元の新鮮な旬素材を活かした内容で、盛り付けや提供のタイミングまで素晴らしく、感動が止まりません。

地元の人気菓子店のスイーツとコラボしたセットが登場することも。

車窓の美しさを最大限楽しむべく、絶景ポイントでは一時停止して見どころを教えてもらえます。

先頭には子ども用の特等席が。季節に合わせたコーディネートも必見です。

夕暮れ時の眺めもロマンチック。最初から最後まで温かなおもてなしが印象的で、「この場所の魅力を楽しんでほしい」というスタッフさんたちの情熱が伝わります。ここでの体験はきっと一生の宝物になるはず。

キーホルダーなどのオリジナルグッズも素敵!眺めるたびに旅の感動がよみがえります。

御朱印帳ならぬ「鉄印帳」も。これは珍しい!購入方法などの詳細は公式サイトをチェックしてみてください。

普通列車はラッピングカーが走ることもあります。乗れたらラッキーですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【鹿児島県】のSNSも要チェック☆

【Instagram】

どんどん鹿児島

【Facebook】

かごしまPRキャラクターぐりぶー

【Facebook】

かごしまPR課

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


肥薩おれんじ鉄道

[区間]八代駅~川内駅間
[☎]0996-63-6860
https://www.hs-orange.com/

 

<来県されるお客様へのお願い>
○ 緊急事態宣言の対象地域を含む感染拡大地域からの鹿児島県への来訪については、不要不急の来県自粛をしていただきますようお願いします。
○ 来県される場合は、「新しい旅のエチケット(https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001365079.pdf)」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

映える、鹿児島旅。

  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集