トップに
戻る

【映える鹿児島旅】重要文化財「旧増田家住宅」をはじめ多くの史跡や文化財が残る場所

入来麓は中世の山城・清色城のふもとに作られた武家集住地。中世から近世までの様々な建築物が残されています。歴史的な景観が自然と調和している点が印象的です。 武家屋敷門や庭園、美しい玉石垣など、様々なものから当時の暮らしを感じることができます。

鹿児島の武家住宅の特徴を残す、旧増田家住宅。明治6年頃に作られた母屋、大正期に作られた石倉や浴室便所があります。外観も素敵ですが、内観や展示物も見ごたえ十分。じっくり見学がおすすめです。

旧増田家住宅の母屋にある「おもて」は接客メイン。隣にはかまどが置かれた炊事中心の「なかえ」もあります。

おもてにはこんな釘隠しも。他にも見どころがいっぱいあるので、是非探してみてください。

駐車場から少し歩くと、このかやぶき門が。下から見上げると、細部まで丁寧に作られているのが分かります。

美しくのびる玉石垣を目にするだけで、散策が楽しくなります。間近で見てもよし、少し離れて全体を眺めるもよし。記念写真も是非どうぞ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【鹿児島県】のSNSも要チェック☆

【Instagram】

どんどん鹿児島

【Facebook】

かごしまPRキャラクターぐりぶー

【Facebook】

かごしまPR課

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


入来麓武家屋敷群(いりきふもとぶけやしきぐん)

[所]薩摩川内市入来町浦之名
[☎]0996-44-5200(入来麓観光案内所)
https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10439/

 

<来県されるお客様へのお願い>
○ 緊急事態宣言の対象地域を含む感染拡大地域からの鹿児島県への来訪については、不要不急の来県自粛をしていただきますようお願いします。
○ 来県される場合は、「新しい旅のエチケット(https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001365079.pdf)」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

映える、鹿児島旅。

  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集