トップに
戻る

【映える鹿児島旅】神話の歴史が息づく南九州随一のパワースポット、霧島神宮へお参り

霊峰、高千穂峰のふもとに建つ霧島神宮。千数百年の歴史を持つこちらの神社は、天孫降臨の神話に登場する六柱の神を祀ることから道開きや縁結び、商売繁盛など多方面のご利益があるといわれています!早速、由緒ある古社へお参りしてきました。

 

霧島神宮駅から車を10分ほど走らせると、霧島神宮に到着。入り口に立つ大鳥居をくぐり参道を歩いて二の鳥居、三の鳥居をくぐった先に拝殿があります。



三の鳥居の手前にある手水舎で手を清めておきましょう。

3つの鳥居をくぐって本殿へ到着。国造りの神様、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が降臨したという高千穂峰が背後にそびえる境内は、清々しい空気が流れています。1470年以上前に創建された本殿は国内有数の規模で、国の重要文化財にも指定されています。

南九州独特の様式とされる壮麗な本殿は1715年に島津家から寄贈されたものだそうです。極彩色に彩られた浮彫は目を見張るものがありますね。

拝殿のそばには、樹齢800年を誇る高さ38m、幹回り7.3mの巨大な御神木が立っています。天高くそびえ立つ神々しい姿が印象的です。

御神木の裏手に回って見上げると、手を合わせた神様のように見える枝があるんですよ!自然が作り出した小さな神様を見つけてみてくださいね。

いろんなご利益があるこちらの神社。私はかわいらしい花柄の花守り(初穂料800円)をゲットしました。


今年の運気を願っておみくじにもトライしたら、なんと大吉!^^!嬉しい〜〜❤️


拝殿の左手にある小道を進むと、山神社という神社があります。スピリチュアルな空気が漂うパワースポットとして話題になっているそう!早速行ってみましょう〜♪


手つかずの森の中にある鳥居が立つ山神社へ到着。この日は霧がかっていたこともあって、すごく神秘的な雰囲気が漂っています。


お参りを済ませたら、山神社にしかない割り札を購入してみました。この割り札は半分に割って片方には願い事を書いて、もう片方は護符として持ち帰れるそうです。


用意されてある丸太の机で「商売繁盛」のお願いを書き込みました^^


お願い事を書いたら、そばにある杉の木に吊り下げましょう。

拝殿のほかに御神木や山神社といったパワースポットを巡れて、運気がアップしたような気がします^^。清々しい空気に包まれてリフレッシュできました。霧島にきたら、また訪れたい場所です♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【鹿児島県】のSNSも要チェック☆

【Instagram】

どんどん鹿児島

【Facebook】

かごしまPRキャラクターぐりぶー

【Facebook】

かごしまPR課

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


霧島神宮

[所]霧島市霧島田口2608-5
[☎]0995-57-0001
https://kirishimajingu.or.jp/

 

<来県されるお客様へのお願い>
○ 緊急事態宣言の対象地域を含む感染拡大地域からの鹿児島県への来訪については、不要不急の来県自粛をしていただきますようお願いします。
○ 来県される場合は、「新しい旅のエチケット(https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001365079.pdf)」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

映える、鹿児島旅。

  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集