トップに
戻る

【映える鹿児島旅】薩摩の歴史と桜島の絶景を堪能できる、鹿児島ならではのスターバックス

桜島の雄大な景色と、おいしいコーヒーを求めて、「スターバックス コーヒー 鹿児島仙巌園店」に行ってきました^^

 

国道10号線沿いにあり、目の前には桜島や錦江湾の大パノラマが広がります!
「名勝 仙巌園」や「磯工芸館」といった、主要な観光名所もすぐそば♪

景観の素晴らしさはもちろん、同店舗の最大のポイントは、島津家ゆかりの登録有形文化財である「旧芹ケ野島津家金山鉱業事業所」を1棟丸ごとリノベーションした建物をショップとして利用していること! 有形文化財への出店は国内のスターバックスでは3店舗目となり、九州エリアでは初めてなのだとか!


店内は、1・2階の計4部屋からなり、薩摩切子とスターバックスのロゴに描かれている人魚の鱗の彩り豊かな表情からインスパイアされたデザインが、すべての部屋に施されています。

1階のエントランスを抜けると、左手にバーカウンターがお出迎え^^
天井のライトには、建物が金山鉱業事務所として使用されていた背景から、真鍮金物色(いぶしゴールド)をアクセントカラーとして採用。

こちらは、島津家の歴史とコーヒーが融合する1階のカフェスペースです^^


壁一面には、写真と豆棚をディスプレイ。写真好きとして知られる幕末の名君、島津斉彬(なりあきら)にちなみ、“コーヒーストーリー”を写真で紹介しています。

2階へと続く階段の壁を、よ〜く見てみると…。
フロアサインが、コーヒー豆のイラストでした♡


2階は、広々としたワンフロア!
窓からは視界を遮るものがなく、桜島の眺望を楽しめます^^

中央には、鹿児島県産の杉無垢材を市松模様に張り合わせたコミュニティテーブルが設置されています。天井には、薩摩切子の模様からインスパイアされたグリッド形状の組み合わせによるオリジナルのペンダントライトが♪


1階奥は、コーヒーをテーマに、世界旅行をしているような気分にひたれるカフェスペース。空間によって雰囲気がガラリと変わりますね!


旧薩摩藩主島津家の歴史的建造物にスターバックスが新たな息吹を吹き込み、土地と人をつなぐ憩いの場として生まれ変わった「スターバックスコーヒー 鹿児島仙巌園店」。
歴史と現代が融合した、ぬくもりのある素敵な空間でした♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【鹿児島県】のSNSも要チェック☆

【Instagram】

どんどん鹿児島

【Facebook】

かごしまPRキャラクターぐりぶー

【Facebook】

かごしまPR課

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


スターバックスコーヒー 鹿児島仙巌園店

[所]鹿児島市吉野町9688-1
[☎]099-248-6551
https://www.starbucks.co.jp/

 

<来県されるお客様へのお願い>
○ 緊急事態宣言の対象地域を含む感染拡大地域からの鹿児島県への来訪については、不要不急の来県自粛をしていただきますようお願いします。
○ 来県される場合は、「新しい旅のエチケット(https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001365079.pdf)」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

映える、鹿児島旅。

  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集