トップに
戻る

【Go to KAGOSHIMA TRIP!】大河ドラマのロケ地から穴場スポットまで。滝の宝庫で絶景めぐり

自然豊かな薩摩川内市には、多くの滝があります。公園から普段着で行ける滝もあれば、山の中を歩いて進む秘境的な滝まで、実に様々。それぞれ異なる魅力があるので、ぜひ巡ってみましょう。

まずは入来町にある長野滝。ここは2018年の大河ドラマ「西郷どん」のロケ地でもあり、入口には撮影時のエピソードを紹介した看板も立てられています。

荘厳な雰囲気の長野滝。滝壺の裏からも見ることができるとか。駐車場からは意外と近く、歩きやすい山道を60mほど進んだ先にあります。滝の落差は約13mあり、比較的近くまで寄れる点も嬉しい限り。

岩山の割れ目から水が流れ落ちています。

次は樋脇町市比野にある藤本滝を目指します。藤本滝公園の駐車場から遊歩道をゆっくり歩き、5~10分ほどで到着。薩摩川内市の景観重要資産第1号に認定されています。

藤本滝は“薩摩華厳”と称される2段階の滝。落差30m、幅13mで、上段は21.3m、下段は4.9m。橋を渡って小道を登ると、展望スペースもあります。滝をかなり近くで見ることができるので、ぜひ行ってみましょう。

最後は践祚滝(せんそのたき)。藤本滝の上流にあり、階段状の岩の上を清水が次々と流れ落ちてきます。まるで彫刻のような、一般的な滝とは趣の異なる景色が印象的です。緑が茂った山道を通るため、なるべく明るいうちに戻りましょう。
他にも美しい滝がたくさんあるので、公式サイトから気になるスポットを探してみてください。

 

薩摩川内滝紀行

[所] 薩摩川内市
[☏] 0996-23-5111(薩摩川内市観光・シティセールス課)

 

<来県されるお客様へのお願い>
○まん延防止等重点措置が適用されている地域など感染が拡大している地域との往来については、慎重に検討していただくようお願いします。
○県外から本県に来られる方は、PCR検査等を受けて来られるなど、感染防止対策への協力をお願いします。
○ 来県される場合は、「新しい旅のエチケット(https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001365079.pdf)」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。
※ 「映える,鹿児島旅」記事では,取材のため撮影時のみマスクをはずしております。

映える、鹿児島旅。

  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案
法人様・自治体様向け情報サイトはこちら