トップに
戻る

【Go to KAGOSHIMA TRIP!】若き薩摩藩士19人の功績を称える記念館。海沿いに建つ薩摩式洋館が印象的

今から約160年前、海外への渡航が禁止されていた鎖国の時代。日本の近代化を目指して19人の若き薩摩藩士が密かに英国へ出発しました。その旅立ちの地が、いちき串木野市羽島(はしま)です。
帰国後、彼らは様々な分野で日本の近代化に貢献しました。その功績と旅路を後世に伝えるため、2014年に開館したのがこの記念館です。
建物には展示館をはじめ、ライブラリーやショップ、カフェ、展望デッキなど見ごたえ十分。どの場所もおしゃれで、絵になります。

建物正面を飾る星は、留学生の数。19人の熱い志が星となって輝いています。

1階は留学前の記録や資料などを分かりやすく展示。本人たちが書き記した書物もあります。

留学生の一人が渡航前に残した記念の着物も。知れば知るほど留学生たちのイメージが湧いてきます。

留学生たちの帰国後の歩みが展示されている2階。個人にスポットを当てた企画展もあります。

当時の留学生たちに思いを馳せ、時間をかけて観覧しました。

落ち着いた雰囲気のライブラリーもあります。

敷地内にある岬。出発地とされるこの場所には、留学生19人の肖像と、留学生の一人である畠山義成の言葉が刻まれた石碑が建てられています。

機帆船をモチーフにした展望デッキへ。留学生出発の瀬を真下に望むことができます。

160年経った今も変わらない景色。未来を切り拓く元気が湧いてきます。

記念館にはおしゃれなカフェも。食事やドリンク、スイーツなどが楽しめるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

温かな雰囲気が心地よく、海を臨むテラス席も設けられています。素敵なカフェメニューで、リフレッシュできること間違いなし。

 

薩摩藩英国留学生記念館

[所] いちき串木野市羽島4930
[☏] 099-224-3400
http://ssmuseum.jp

 

<来県されるお客様へのお願い>
○まん延防止等重点措置が適用されている地域など感染が拡大している地域との往来については、慎重に検討していただくようお願いします。
○県外から本県に来られる方は、PCR検査等を受けて来られるなど、感染防止対策への協力をお願いします。
○ 来県される場合は、「新しい旅のエチケット(https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001365079.pdf)」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。
※ 「映える,鹿児島旅」記事では,取材のため撮影時のみマスクをはずしております。

映える、鹿児島旅。

  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案
法人様・自治体様向け情報サイトはこちら