トップに
戻る

【Go to KAGOSHIMA TRIP!】イルカ調査隊に入隊☆ アナタもイルカ博士になれるかも?

鹿児島には、イルカが自由に泳ぐ姿を無料で観察できる「イルカ水路」という珍しいスポットがあるんです! その場所はというと、『いおワールドかごしま水族館』。

桜島を眼前に仰ぐ、ロケーションが自慢の水族館

世界最大の魚「ジンベエザメ」をはじめ、錦江湾から南西諸島に暮らす約500種3万点の生きものを展示している水族館で、イルカ水路は施設の屋外にあります。
イルカ水路で1日3回行われるイベント「青空イルカウォッチング」では、イルカのパフォーマンスを見ることもできるんですよ!

そして『いおワールド かごしま水族館』といえば、昨年、鹿児島で有名な「天文館果実堂」の姉妹店「水族館の果実堂」がオープン!

フォトジェニックなフルーツパフェやフルーツサンド、その他に軽食もいただくことができるんですよ~♪

さて、本題に戻ります。
水族館の目の前にある錦江湾では、現在3種類のイルカが見つかっていて、中でも「ミナミハンドウイルカ」は50頭を超える数がココ錦江湾に定住しています。

4/10(日)まで公開中の特別企画展「目指せ! イルカ調査隊 ~錦江湾のイルカに迫る~」
イルカの数は背びれの数で、1頭、2頭と数えよう!

『いおワールド かごしま水族館』のイルカ調査隊は、1999年からいろいろな研究機関と協力をして錦江湾のイルカを調べてきました。

イルカ同士は、どうやってコミュニケーションを取るのか知っていますか?
それは、水の中で互いに音を出すことでコミュニケーションを取っているんです。
ただ、その“音”は、イルカが住んでいる地域によって違うんですよ!
面白い話だと思いませんか?

奄美大島や熊本県の天草などでもミナミハンドウイルカを見ることができる!

今まで調査隊が調べてきた「へぇ~!」な内容を、現在公開中の特別企画展「目指せ! イルカ調査隊 ~錦江湾のイルカに迫る~」で紹介しています。
入隊テストにも挑戦でき、全問正解すると抽選で20名の皆さんに限り、錦江湾のイルカ調査隊に参加できるうれしい特典も用意!

ふだんできない体験を『いおワールド かごしま水族館』で叶えよう!

 

特別企画展「目指せ! イルカ調査隊 ~錦江湾のイルカに迫る~」


開催日:現在公開中(~4/10(日)まで)
[所]いおワールド かごしま水族館(鹿児島市本港新町3-1)
[電] 099-226-2233
営業時間:9:30~18:00(17:00までに入館)
休館日:なし

 

<来県されるお客様へのお願い>
○まん延防止等重点措置が適用されている地域など感染が拡大している地域との往来については、慎重に検討していただくようお願いします。
○県外から本県に来られる方は、PCR検査等を受けて来られるなど、感染防止対策への協力をお願いします。
○ 来県される場合は、「新しい旅のエチケット(https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001365079.pdf)」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。
※ 「映える,鹿児島旅」記事では,取材のため撮影時のみマスクをはずしております。

映える、鹿児島旅。

  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案
法人様・自治体様向け情報サイトはこちら