トップに
戻る

【映える鹿児島旅】鹿児島といえば黒豚料理♪上質な黒豚の飼育から提供まで一貫して行う「産直レストラン 黒豚の館」へ

鹿児島のブランド豚、かごしま黒豚を味わえる飲食店はたくさんありますが、自社で飼育した「霧島高原純粋黒豚」を味わえるのが、ここ「産直レストラン 黒豚の館」です。しゃぶしゃぶやハンバーグ、カツなど多彩なメニューでその美味しさを堪能できます。平日でも行列ができる人気店ですよ。


黒豚の飼育から販売まで一貫して行う「産直レストラン 黒豚の館」。霧島山麓から湧き出る清らかな水とさつまいもを使った独自の配合飼料を使って黒豚を育てています。肉に熟度を与えるため、245日の歳月をかけてじっくり育てた「霧島高原純粋黒豚」が味わえます。

黒豚の飼育から販売まで一貫して行う「産直レストラン 黒豚の館」。霧島山麓から湧き出る清らかな水とさつまいもを使った独自の配合飼料を使って黒豚を育てています。肉に熟度を与えるため、245日の歳月をかけてじっくり育てた「霧島高原純粋黒豚」が味わえます。

その美味しさを堪能できるのが「しゃぶしゃぶ」。「黒豚しゃぶしゃぶBコース」(3750円)は下ロース、肩ロース、バラ肉の3種の肉に地元の野菜などが付く満足感のある内容。オーナー平さん曰く、バラ肉こそかごしま黒豚の本当の美味しさが分かる部位なんだとか。

脂身として敬遠されがちですが、それは脂ではなく「白身」。ダシにくぐらせるとそのゼラチン質が柔らかくなり、口に入れるとまろやかにとろけ、ほのかな甘みと味わいを感じられます!

しかも、後味はサッパリとしているのでいくらでも食べられそう!栄養価も高く、ビタミンB1は牛肉の10倍以上もあるそうですよ!

ヒレとロース、しゃぶしゃぶ用の端肉を使った「黒豚三味かつ定食」(1800円)もおすすめです。しゃぶしゃぶ用の肉を端まで余すことなく味わえるメニューとして評価されています。

さっぱりして弾力のある赤身と、とろけるような白身のジューシーさが一体となった贅沢な味わい。黒豚の美味しさに箸が止まりません^ ^


もともと400年前に琉球から移入され、鹿児島の風土を生かしながら飼育されてきたかごしま黒豚。黒豚本来の良さを生かしながら、常に美味しさを追求し、今も改良を重ねられています。その品質を守る「産直レストラン 黒豚の館」は、販売店のなかでも一定の基準をクリアした販売指定店になっています。ぜひ、その別格な「かごしま黒豚」を味わってみてくださいね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【鹿児島県】のSNSも要チェック☆

【Instagram】

どんどん鹿児島

【Facebook】

かごしまPRキャラクターぐりぶー

【Facebook】

かごしまPR課

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


産直レストラン 黒豚の館

[所]霧島市霧島永水4962
[☎]0995-57-0713
http://www.krp1.com/

 

<来県されるお客様へのお願い>
○ 緊急事態宣言の対象地域を含む感染拡大地域からの鹿児島県への来訪については、不要不急の来県自粛をしていただきますようお願いします。
○ 来県される場合は、「新しい旅のエチケット(https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001365079.pdf)」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

映える、鹿児島旅。

  • 官公庁・行政の関係者様へWEBを主体とした提案

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集