トップに
戻る

Fuku Spo – ラグビー/田代宙士(宗像サニックスブルース)

 

宗像サニックスブルース/田代宙士

 

 

子どもの頃はタックルが大好きでした!

ラグビーを始めたのは小学1年生のときです。きっかけは、近所に住んでいた3つくらい年上の知り合いがラグビーをしていて、練習の見学に連れて行ってもらったこと。そこで面白そう!と感じて翌週にはりんどうヤングラガーズという地元(久留米)のチームに入団しました。当時はタックルが大好きでしたね。怖さはなく、とにかく楽しかったことを覚えています。中学校を卒業するときには、いくつかのチームから声を掛けていただきましたが、大分舞鶴高校へ進学することを決めました。というのも、その頃、グラウンドが天然芝というチームはまだ少なく、芝の上でラグビーができる環境に魅力を感じました。

 

宗像サニックスブルースに入団したのは20歳のときです。その頃はりんどうのOBチームでラグビーをしていたのですが、物足りなさを感じ、トライアウトを受けさせていただきました。チームには10年以上在籍していますが、このチームはみんな仲がよくて、いいチームだなと思いますね。練習グラウンドのすぐ近くにビーチがあるので、練習が終わったらみんなでビーチへ行き、リカバリーをしています。また、外国人選手も多く、みんなとても気さくで楽しく、コミュニケーションを取りたいので英語も勉強しています。また、ジェームス・ムーア選手やカーン・ヘスケス選手、レメキ・ロマノ・ラヴァ選手など、日本代表として活躍した選手も在籍しており、練習に取り組む姿勢などは刺激になりますし、さすがだなと感じますね。

 

 

最後の最後まで走り続けてトライを狙うラグビーを見てほしい

ラグビーをしていて楽しいのは、自分がいいプレーをしてそれが仲間のトライにつながったときですね。また、私は相手のペナルティの後やトライが決まった後などのゴールキックを蹴っています。昨シーズンは新型コロナウイルスの影響で、6試合で終わることになってしまったのですが、出場した試合の中で12本キックのチャンスがあり、そのすべてを決められたことはとても嬉しかったです。来シーズンも100%決められるといいなと思います。

 

今シーズン、チームとしては大物食いをしたいですね。数年前、そんなシーズンがあったんですけど、強いチームに勝つと注目も集まります。昨シーズンはワールドカップの盛り上がりもあって試合を観にきてくださるお客様が一気に増えました。私はお客様がたくさん入れば入るほど燃えるというか、いいプレーをしようと気合が入ります。うちのチームは、鍛え上げた身体能力を武器にボールを大きく展開するランニングラグビーを得意としていますが、昨シーズンはへッドコーチが変わったこともあり、これまで以上に身体能力を強化する練習が増えました。おかげで運動量や持久力に対する自信がつき、最後の最後までみんなで走ってトライを狙う、自分たちらしいスタイルがさらにパワーアップしたと感じています。試合を見る側にとっても面白いラグビーだと思いますので、ぜひ試合会場にお越しいただき、熱い声援を送っていただけると嬉しいですね。

 

 

★編集部からのオマケ質問
お気に入りの店を教えてください

福岡はとにかくご飯が美味しいところ。刺身とラーメンが好きで、釣りに行ったり道の駅で魚を購入し捌いたりもしますし、練習グラウンドの近くにある「末広」は何を食べても美味しいと思います。ラーメンは地元・久留米の「大砲ラーメン」がお気に入りです。

 

※シティ情報Fukuoka2020年9月号本誌掲載