トップに
戻る

心地よい杉の木に包まれた温かみにあふれる家。

[住工房プラスアルファ]がつくった
佐賀市在住/Wさんの住まい

 

一歩足を踏み入れた瞬間に「こんな家に住みたい!」と実感。
“本物の木”に囲まれた空間で紡いでゆく、愛しい家族との時間
心地よい杉の木に包まれた温かみにあふれる家は家族みんなのたからもの

システムキッチンや棚は、すべて“住工房オリジナル”。「調理器具や食器のサイズ、数に合わせて造ってもらいました」


 

 

やっぱり家を建てるなら地元の工務店がいい

長女Sちゃんの小学校入学までには家を建てたいと考えていたWさん。そこで、数年前から土地を探すと同時に、様々な住宅メーカーの展示場を見て回っていた。その中で徐々に固まってきたイメージは、「落ち着いた和のテイストが感じられる家」「木をふんだんに使った家」。と同時に、「細やかな対応が期待できる、地元の工務店に依頼したい」という気持ちも大きくなってきたという。「家は、建てておしまいじゃないですよね。時間が経つと、様々な相談事が出てくるはず。そんな時に頼れるのは、やっぱり親しみのある地元の会社なんじゃないかと思ったんです」。とはいえ、地元の工務店も数あまた。[住工房プラスアルファ]のことを知ったのは、ご友人の「住工房には行ってみた?」という一言だった。早速、展示場を訪れてみたWさん。そこで出合った「床材」に、夫妻ともに一目ぼれしたという。「最近は、多くの工務店さんが”無垢材”を謳っていますよね。それを頭に入れつつ、家を見てきましたが、住工房が扱う無垢の木は、その中でもダントツで“本物”だと思ったんです」。サンプルで見せてもらった、厚さ40mmの杉にも感動。また床板だけでなく、扉や窓枠、造作の家具に至るまで、あらゆる箇所に、高品質の木材を採用する[住工房プラスアルファ]の姿勢に、すっかり魅せられたという。

清々しさを感じられるスッキリとした玄関。ディスプレイカウンターも兼ねたシューズクロークも造作

上下の屋根のバランスがベストな外観はご主人のお気に入り。外観コーディネートも住工房に依頼。幅広い塀が室内への直射日光をガード

リビングに続くテラスは家族のもう一つのリビング。家を建てて以来、友人を招いてバーベキューする機会も増えたそう

 


“曲線の間取り”が生んだうれしい誤算

“本物の木”との出合いから、住工房との家づくりがスタート。そこでまず一番に重視したのは、キッチン・ダイニング・リビングの配置だった。「それまで住んでいた家が、キッチンからリビングまで一直線で、すごく使いにくかったんです。だから新居では絶対に、キッチンの横にダイニングを置きたいと。無理にLDKの広さを求めなくてもいいと思いました」。そして出てきたのが、LDKをS字に配置した現在の間取り。2つの空間をゆるやかに結ぶことで、解放感はそのままに、スムーズな動線、そして”過ごし方”にもメリハリが生まれた。さらにそのS字型のレイアウトを採用したことで、テレビ裏にスペースが出現。ここを子どもたちのスタディスペース兼、奥さまの家事室にし、扉の向こうには雨の日でも洗濯物を干すことができるサンルームも設置。奥さま曰く「家事効率がグンと上がりました!」

 

 

床材に使用しているのは、厚さ40mmの杉の木、一年通してスリッパなしで過ごしたいという思いを叶えた

テレビの裏に設けたスタディルーム。「台所仕事をしながら、ふたりの様子を見守ることができるのが嬉しい」と奥さま

仲良く並ぶ2階・子ども部屋の扉。そして隣のトイレの扉にも、ステンドグラスを取り入れてアクセントに

洗面所にはワイドサイズの鏡を貼って、朝の渋滞を解消。上部に設けた窓のおかげで、電気をつけずとも明るい空間に

 


選んでいく楽しみも提案される楽しみも

間取りに関しては明確なビジョンを持っていたWさん。その他にも「扉は引き戸タイプが好み」「パントリーは土間に」といったリクエストを次々と叶えていったが、それでもガラスひとつ、タイルひとつに”選ばなければならないもの”が次々と目の前に。「もちろん楽しかったのですが、素人では想像の範囲が限られて。そんな時、プロの目線から、サッとアドバイスをくれたのも住工房さんの魅力でした。例えば玄関のタイル。ブルーがかった石なんて、自分たちなら決して選ばないであろうものを提案してくださったり。結果、空間にすごくマッチして大満足!そんなことが、至るところにあったんです」。最終的にはリビングのカーテンやエクステリアも[住工房プラスアルファ]に依頼。トータルで統一感を感じられる自慢の家が完成した。

キッチン・ダイニングと繋がってはいるけど、独立感のあるリビングは、リラックスしたひとときを過ごせる空間

 


住むごとに愛情が深まるこの家と家族の歴史を刻んで

当初の目標よりもやや早く、念願のマイホームが完成。ここで新しい暮らしを始めてみると、お子さんたちに“ある変化”が現れてきたそう。「ふたりとも、進んでお手伝いをしてくれるようになったんです。一緒にキッチンに立ったり、洗濯物をたたんだり。スペースができたからでしょうか。とても助かっています」。また、両親や友人など、たくさんの人が家を訪れてくれるようにもなったそう。「その誰もが、”居心地のいい家”と言ってくれるんです。嬉しいですよね。今後も、家族の歴史と一緒に、美しい色を重ねていくこの木の家と、いい時間を過ごしていきたいと思っています」。

ダイニングから望んだリビング。その奥には和室があり、Wさん夫妻が当初望んだ“和”の穏やかな雰囲気を感じられる

「子どもたちが笑顔でいてくれることが一番の喜び」とWさん夫妻

 


Company profile
株式会社住工房プラスアルファ

更なる家づくりの向上を目指す「赤ちゃん基準」の家づくり。

建築基準法を守れば子供たちを守ることができるのでしょうか? 基準法の対象は子供ではなく、成人なのです。化学物質による室内空気汚染が全て防止できるわけではありません。だからこそ「住工房プラスアルファ」は「赤ちゃん基準」の家づくりを目指します。

[所]佐賀市鍋島町八戸溝149-9
[☏]0952-36-7505
https://www.alphadegozaru.com/

[施工エリア]福岡市近郊、築後、佐賀県
[設立]平成16年6月
[資本金]1000万円
[従業員数]8名
[許可・登録]佐賀県知事登録 第は-1173号
佐賀県知事許可(般-1)第10163号
[保証]JIOによる住宅瑕疵担保責任保険

【株式会社 住工房プラスアルファHP】←クリック

街活netお得な情報はこちらから

おけいこnetふくおか

おいしいnetふくおか

きれいnetふくおか

雑貨とインテリアnetふくおか