トップに
戻る

博多湾奥豆アジ攻略 #21 【ばってん釣りキチ!アツシとゆかいな仲間たち】 

アウトドア&スポーツ ナチュラム

昼間の釣りが危険を感じるほど熱くなってきましたが、
夜釣りでも中々の暑さになってきました。

夏の暑さと一緒に博多湾奥にも豆アジが大量に入り始めているようです。
博多湾奥の豆アジを攻略する為のアイテムを仕入れにいつもの釣具屋さんにGO!

まずはお気に入りのメーカー「THIRTY34FOUR」のプランクトン

・あめいろ
・ひすい

このテールの部分のテロテロな感じが豆アジに効きそう(^^♪

極小豆アジもゲットできるようにアシストフックも色々。
使用感比較は後程。

前回紹介させてもらったDaiwa55UL-Sに、アシストフックで豆アジ対策準備万端!

※Daiwa55UL-Sの紹介記事はコチラ
https://www.fukuoka-navi.jp/88863

早速博多湾奥の豆アジ探索です!

豆アジと言えば常夜灯が効いてるポイントに限ります。

常夜灯が効いてるポイントで表層をフワフワしていると、
アタリはあるもののなかなかフッキングが決まらない。。

早速「鬼爪」をセットして再度表層付近をフワフワしていると、、

居ました豆アジ
バッチリアシストフックにかかってました(^^♪

その後もアシストフックを色々試しながら

豆アジ

マメメバ

豆サイズが入れ食い状態(-ω-)/

唐揚げには十分な数が釣れたのでサイズアップを狙って
ボトムまで沈めてみると、、、、

ゴン!!

いきなりすごいスピードでラインが出されます。
豆アジ設定の超ゆるゆるドラグを急いで締め直してあがってきたのは、、

30cmのセイゴちゃん
デカアジを期待しましたが、、、細竿でのやり取りは楽しいです(*’ω’*)

その後も大物求めて色々試してみますが、、、

やっぱり豆だったので、本日はここまで。

最後にアシストフックの使用感を少し。
それぞれの商品で特徴があるので釣れるときに色々試してみると面白いです。

・ガマカツ「鬼爪」
アシストフックと言えばコレ!安心と信頼のGamakatuブランドですね。
超ショートバイトでも針掛かりが一番良かったように感じます。

今回は写真で上げていた小豆ちゃんではなく、
34のザ豆0.7gにプランクトンのあめいろ、鬼爪Sサイズの組み合わせがベストマッチでした。
バイトはあるけどなかなか掛けれない時は是非お試しを。

・デコイ「トレーラージャック」
ゴムストッパーが付いていて取り付け、取り外しがしやすいので、
40歳を前にして老眼が始まりつつある釣りキチも、
真っ暗な夜釣りでも楽々セッティング(-ω-)/

・カルティバ「マイクロアシスト」
アシストフックでありながらフックがダブル!
ジグヘッドにアシストフックx2でフックが合計3個!!

これは、もはやサビキなんじゃ??

アタリに対して合わせるというより、あたったら引っかかってる(^^)
アジング初心者でとにかくアジを釣りたい人におすすめです。

ちかっぱ釣り講座

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
行政・地方自治体
実績集