トップに
戻る

【NEWOPEN】福岡空港に展望デッキ&ビアマルシェ&新商業施設(8店舗)オープン!

飛行機を眺めながら旅気分で休日満喫!
空港で余暇を過ごす時代がやってきた。

8月7日、福岡空港国内線旅客ターミナルビルに展望デッキと新商業施設(8店舗)がオープン。2015年から始まったリニューアル計画もこれをもって完了した。

新エリアのコンセプトは「福岡を感じながらほっと一息つける空間」の提供。新しいショップや展望デッキの概要は以下の通り。

■2階
・『エニタイムフィットネス』(フィットネスジム)
・『グローバル治療院』(はりきゅうマッサージ)

■3階
・展望デッキ(イス・テーブル設置・テイクアウトメニュー飲食可)
・『ハイタイドストア』(文具・土産・旅行用品)
・『ピエール・エルメ』(スウィーツ・フード)
・『竹乃屋』(焼鳥・海鮮)
・『キャンベル・アーリー』(パンケーキカフェ)、
・『タリーズコーヒー』(カフェ)
※『ツタヤブックスストア』がカフェラウンジ機能を備えて9月下旬オープン予定

■4階
・展望デッキ(中央デッキエリアにLEDライト650球設置したイルミネーションあり※スカイサイドテラスエリアは10月中旬オープン予定)
・福岡空港ビアマルシェ『SORAGAMIAIR(ソラガ・ミエール)』

3階の様子はこんな感じでした。

 

3階で注目は『ハイタイドストア』のニューコンセプトショップと、西日本初登場の『ピエール・エルメ』!

シティ情報ふくおかナビ的に気になったのは『ハイタイドストア』が福岡土産や旅行用品に特化した新コンセプトショップのラインナップ。

ムーンスター、ヴェリテクール、マヌコーヒー…など、人気ローカルブランドやメーカー、アーティストとのコラボ限定アイテムや、福岡カルチャーをハイタイドらしくポップにデザインしたオリジナルアイテムなど、ここでしか手に入らないものがた〜くさん!

『ハイタイドストア』内では《シティ情報ふくおか》のバックナンバーを展示中。毎月その月に発売されたバックナンバーをチョイスしています。現在は44年分のバックナンバーからいろいろな年代の8月号を揃えています。お立ち寄りの際にはぜひチェックしてみてください。

さらに、もう一つ注目のショップがこちら!

西日本初登場の『ピエール・エルメ』のおしゃれ感たっぷりのスウィーツ&フード&グッズのみやげものがた〜くさん!

可愛らしい白い屋台、ロゴ入り提灯、飛行機がフレームインできちゃうフォトスポットもお見逃しなく!

 

4階のビアマルシェ『SORAGAMIAIR(ソラガ・ミエール)』の贅沢な開放感と、大パノラマが待ち受ける展望デッキからの絶景は必見!

絶景が広がる4階の展望デッキはこんな感じでした。

とにかく広い、広い。そして、飛行機が次々に離発着する姿を臨場感たっぷりに大迫力で体感できちゃう、この贅沢感。飛行機マニアならずとも、見応え十分。堪りません。

ビアマルシェ『SORAGAMIAIR(ソラガ・ミエール)』はこんな感じ。展望デッキと併設しているので、こちらもすこぶる開放的。しかも全天候型で、冬も営業予定だとか。

超大型スクリーンで滑走路の映像を生配信!

そんな映像をバックに工場直送生ビール(夏季限定)を楽しむ贅沢。これは堪りません!

九州の食材や名物がシーズンごとに味わえるフードメニューも充実。

テイクアウトメニューもあるのがううれしいですね。

これまで部分的なリニューアルしてきたエリアも含め、
総じて「旅せずとも、飛行機に搭乗せずとも、味わえちゃう、贅沢な旅気分」。
これこそが今回おじゃましてみて感じた最大のポイントでした。

4階のエントランスには、こんな感じで空港の歴史や全貌がわかるパネル展示も! 夏休みの自由研究にもぴったり!

さらに言うと、飛行機好きのお子さんがいるなんていうファミリー層には(駐車料金を考えても…)、食べて、遊んで、リフレッシュしてと、家族みんなで一日中楽しめる、そんな超絶オススメな商業施設になっていましたよー。

これからは「週末は空港で!」なんていう余暇の楽しみ方が当たり前になってくる予感を感じさせる今回の大リニューアル。遠出が難しい今だからこそ、体験してみる価アリな、新しい生活様式のひとつなのかもしれません。

福岡空港
https://www.fukuoka-airport.jp/
※各ショップやエリアで営業時間は異なります。事前確認の上、ご利用ください