トップに
戻る

エギングロッドについて【ちかっぱ釣り講座】

アウトドア&スポーツ ナチュラム


今回は、「エギングロッド」について記載させて頂きます。

「エギングロッド」って

日本人が開発した餌木!えらい!その餌木を使って、高級食材アオリイカを釣るせまーいターゲットを想定された竿です。
ただ、使ってみたらわかるのですが、軽さに加え操作性が非常に高く、2㎏や3㎏にもなるイカを釣りあげるため強度もそれなりに持っているので、様々なシーンで活躍頂けます。

選び方

長さ?

7~9ftぐらいモノを良く店頭で見かけますが、短いモデルは船用と思った方が良いと思います。8.4~8.6ftぐらいが私のマスト

釣っても・食べても◎イカ

このぐらいの長さがあるエギングロッドは、エギングだけでなく軽めのルアーを使ったライトショアジギングでも活躍しシーバスも対応します。そもそも4号の餌木が大体20gですのでそのぐらいのルアーは十分対応してくれます。また大き目のメバルやアジを狙うときにも使えてしまいますし、実はちょい投げ、足元狙いのサビキ釣りにも使えてしまう万能竿として1本持たれることをお勧めします。

長さについてですが、もう1点 比重バランスとリールスタンドから柄の長さも注目のポイントです。
結構な回数しゃくりますので、あまり柄が長いモデルは体にあたって邪魔になります。基本的に少しずつ垂らして使う竿ですので後ろ重心のものは避けた方がよいと考えています。

重さは?

釣りたてのイカだけは止められない。

ずっとしゃくりますので、軽いが一番です。高いモデルの竿は物凄く軽く、竿も細いです。でも低価格だからといって重いと感じるほどの竿ではありません。重さよりも重心、ちょっと振ってみて自分の体にあたったりしないかを確認すれば十分だと思います。

種類

エギングロッドにも種類があります L(ライト)M(ミディアム)H(ハード)更にUM(ウルトラライト)やLM、MH等がありますが、、、、Mで それ以外使ったことありません。

ショアジギングロッドでしばらく餌木使って釣りをしていた当時、餌木に掛かる魚なんていないと思っていました。まあ、まったく釣ったことがなかったので、それでも試しにと思いエギングロッド含めたエギング用品一式をそろえてビックリ!
餌木の動きを感じとれる。糸が沈むのがわかる。抱いた!のがわかる。つまり、釣れる!
そしてイカが、、、これまでイカってあまり美味しいと思ったことはありませんでしたが、自分で釣ったイカ、是非刺身で食べてみてください。全然違い過ぎて笑えますよ。最後にもう一回お伝えしたいこ。、餌木考えた人えらい!

さて、

オススメロッドについて

Daiwa リバティクラブ エギング802M 5000円台ダイワ(Daiwa) リバティクラブ エギング 802M 01472720 8フィート以上

安くないですか?おすすめしてはダメでしょうか?

でも、使えるんです。

20g程度の軽めなジグ・トップルアーであればなんなく使えるのもGood。

こだわり派の方にもう一点

SHIMANO 19セフィアSS S86M 20000円台シマノ(SHIMANO) 19セフィアSS S86M 39389 8フィート以上

軽いっていうのは、正義です。2.59mの竿で平均自重95gを切る軽さ!スゴイ。

適合エギも4号まで対応。えらい

ルアーロッドについて【ちかっぱ釣り講座】

ジギングロッドについて【ちかっぱ釣り講座】

アジングロッドについて【ちかっぱ釣り講座】

 

おすすめコンテンツ

ふくおかWEB歴史館
家づくりNetふくおか
シティ情報ふくおか+
よかローカル情報局
街活netふくおか
法人様向け情報