トップに
戻る

【福岡ラーメン】久留米インター近く!焼めしとガッツり食べたい一杯『らーめん八』

久留米のインターのすぐ近く!久留米市東合川にある、『らーめん八』のご紹介します。

大学時代に出会った『大宰府 八ちゃんラーメン』の味に衝撃を受け、アルバイトから一番弟子にまで上り詰めた店主の迎さんが営むお店。2019年7月には、福岡市博多区寿町に『らーめん八』のイズムを受け継ぐ『ラーメン陽八』がオープンしています。

『ラーメン陽八』の記事はこちらから!

場所は322号線の『立花うどん』とマクドナルドがある方向に交差点を入ると、右手にあります。

お伺いした日が、お昼を食べ逃してしまい夕方17時ごろでしたが、カウンターもテーブル席もお客さんで賑わっておりました。

メニュー表を見ていつも驚くのですが、ラーメンが一杯530円という価格!食材が高騰し、近年のラーメン一杯の価格が平均600円越えが増える中、これは頭がさがります。おすすめのオーダーとしては、『ラーメン&焼めし』です。やはり久留米で食べるなら、この組み合わせがおすすめ!ラーメンと焼めしの組み合わせは多くのラーメン屋で見かけますが、このセットを始めたのは久留米市梅満町にある『ひろせ食堂』と言われており、久留米市民の6割以上がラーメン屋に行くと“ラーメン&焼めし”をオーダーするという文化があるようです。※厳密に言うと『らーめん八』は、『大宰府 八ちゃんラーメン』の流れをくんでいるので、呼び戻しスープをベースにした久留米ラーメンではございません。

卓上調味料も潤沢で、紅ショウガ、胡椒、にんにくと味変も楽しみの一つです。

オーダーしてから、間もなく着丼!お客さんが多い中、ラーメンと焼めしがいつもスムーズにやってきます。スープの表面には背脂が浮いており、撮影しているだけでヨダレが、、、

スープは豚骨のパンチが効いてガツンとくる旨味が特徴ですが、元ダレと脂の甘みあり、絶妙なバランス感がたまらなくクセになります。

麺はやや細麺のストレート!スープとのバランスを考えると個人的にはカタ麺がおすすめです。

こちらがラーメンと一緒に食べて欲しい“焼めし”‼ラーメンのスープをズルズルっと啜ってからの、焼めしをガッガッと口の中にかきこむ!今日はこのために来たと言って間違いないです‼

気付いたらあっという間に完食!あー美味しかった♬満足感がハンパないです!こちらもお店もですが、皆さん久留米でラーメンを食べる機会があれば、ラーメンと焼めしのセットをぜひ食べられてみてください!

 

『らーめん八』

住所:久留米市東合川5-6-11
営業時間:11:30~14:30/17:30~22:00
定休日:水曜、第3木曜

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。