トップに
戻る

【福岡アウトドア】スノーピーク雪峰祭2020春に行ってきた!

アウトドアブランドと言えば『スノーピーク』

この『スノーピーク』が春と秋の年2回開催する『雪峰祭』(せっぽうさい)に行ってきました。

『雪峰祭』とは、『スノーピーク』の感謝祭で、
本社があるHeadquarters(新潟県三条市)、そして全国のキャンプフィールドやストアで開催されています。

 

 

2020年春は、コロナウイルスの影響で延期されていましたが、6月20日、21日で開催されました。

『雪峰祭』では、限定アイテムや、購入特典(ステッカーや手ぬぐい)など、スノーピーカーには嬉しいコンテンツが満載なのですが、
一番人気のコンテンツは展示品や廃盤品などの「アウトレットセール」です!
ほとんどの方がこちらのセールを目当てに行くのですが、数量が限られているので、朝から並ぶ並ぶ、、、

今回は『スノーピークストア ヨドバシカメラマルチメディア博多店』に行ってきました。
朝9時30分オープンなのですが、9時前頃で30人~40人ぐらい並んでました。

9時15分頃になると、3階にある石井スポーツの店内まで誘導されます。

こちらでは間隔をあけて並びますが、
オープンの時間になると続々と『スノーピーク』へと入っていきます。

会場となる店内はこんな感じです。

こちらは大分落ち着いた状態の店内です。
オープン時は、お目当てのギアを狙った人たちでごった返しになっていました。
たくさんあったアイテムが次々となくなっていくので、周りにつられて、ついついカゴに入れてしまいます。。

こんな感じで、テーブルの上には所狭しとギアが並んでいましたが、あっという間になくなってしまいました。



もちろん、テントやタープ等もあります。
展示品と言ってますが、とてもキレイなものばかりなので、箱がないだけのものなどじゃないかなと思います。

テントなどの大物は通常よりもお得になっているとは言え、高額な商品ばかりなので、テントを狙う時は『雪峰祭』の前に下調べしていく方が良さそうです。
スタッフの方に質問もできますが、かなり忙しそうなので、、、

アウトレットセールは基本的に20%OFF!になっていますが、ギアによっては40%OFFになっている超オトクなものまで置いてあるので、
『雪峰祭』で一式揃えている方も多いようです。

もちろん、チェアやテーブルもあります。

人気の「ジカロテーブル」「ハイチェア」「パイルドライバー」「焚火台」もありましたが、朝一になくなってしまいました。

 

ちなみにこちらのヨドバシカメラ店は、『スノーピーク』の特別価格からさらにヨドバシポイントまでつくので、他の店舗よりも人が多いと思います。

 

さて、今回我が家に迎え入れた新しいギアはこちらです。

 

私が狙っていたのは、こちら。


『IGTスリム』です。
チークの木目がカッコイイテーブルです。
オシャレなデザインなので、外のフィールドでも、家の中のインテリアでも活躍しそうです。
無垢の木なので、「キヌカ」でオイル仕上げにしました。

IGTとは、アイアングリルテーブルの略で、様々なパーツを組み合わせると、シーンや人数などお好みに合わせてレイアウトができるのです。

こちらのテーブルに「フラットバーナー」を合わせると、、、

さらにマナイタを合わせると、、、

と、このようにカスタマイズしていけるのです。

IGTは、キッチンやテーブル、ジカロテーブルなどをつなげて自由自在なレイアウトになるので、人気なのです。
私もそんなIGTの沼にダイブしてしまいました。

他に散財してしまったのは、

キャンドルのような柔らかな灯りの「リトルランプ ノクターン」

 

購入特典の手ぬぐい

どれも早くキャンプで使いたいものばかりです。

次の『雪峰祭』は10月頃の予定なので、それまでにまた欲しいものをピックアップしたいですね。

 

 

スノーピーク

https://www.snowpeak.co.jp/