トップに
戻る

【須恵町】ゆっくりと流れる時間に浸る癒しを求めて足を運びたくなる

*本記事の取材は緊急事態宣言前に実施されたものになります。宣言解除後のおでかけ先候補としてお楽しみください。

 

 

オレンジの帽子がトレードマークのみえこさんが出迎えてくれる

 

住宅街を抜け、小さな道を進んだ先に『つき』はある。町の喧騒から逃れるようにひっそりと佇む中、店主・みえこさんが手づくりの料理でもてなしてくれる。小ぢんまりとした古民家を利用した店内には、みえこさんが趣味で集めた和ダンスや黒電話などレトロなインテリアが置かれ、なんだか田舎のおばあちゃんの家に来たよう。そのせいか、心が和み、ゆったりとした時間の流れを感じることができる。心をほぐしに足を運びたくなるカフェだ。

 

小鉢やデザート、ドリンクが付く『ロールキャベツ』(1,000円)。メニューのイラストは娘さんが描いている

 

全て手作りの『オムライス』(1,090円)。小鉢やプチデザート、ドリンク付き

 

外観から漂う懐かしい雰囲気。ホッと心が安らぐよう…

shop information

小さなカフェつき

[所]糟屋郡須恵町須惠43-2

[☏]092-934-1174

[営]11:00~18:00

[休]水曜


掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。