トップに
戻る

【福岡テイクアウトグルメ】超有名店『ガラム』持ち帰り限定営業!

福岡のカレー好きのみなさん、おつかれーらいす!

うまいカレーライスって、たった一皿だけで
どんな時にも元気と笑顔をくれるからスゴイよね!

ということで、今回は福岡の絶品カレーライスのテイクアウト情報を
できる限り実体験しながら…お届けしていきます。

※もし立ち寄られる際は、くれぐれも不要不急の外出と「三密」を避け、ソーシャルディスタンスを保ち、安全安心なテイクアウトグルメエチケットを守ってくださいね!

まず一軒目はイチ早くテイクアウト営業オンリーに
切り替えた!こちら、高砂の人気店『ガラム』さんです。

禁断のあいがけしちゃいました〜!
助かる、ありがとう、『ガラム』。


カレー好きならもうご存知の通り、『ガラム』はただいま通常営業を自粛して、テイクアウト営業(12:00〜15:00※売切次第終了)オンリーになっています。ということで、その内容はどんなことになっているのかなぁ…というカレーファンを勝手に代表して実際に4度お店におじゃましながら様子をうかがってみました。

【その1】


平日ではあるが、さすがに今日からテイクアウト営業オンリーが開始ということで、ランチタイムはちかっぱ混雑するだろうと思い、閉店間際のスベリ込みセーフを狙って訪店。まぁ、その甲斐あってか、結果、オーライ! 店先をのぞいてみると店頭の様子は、これまで見てきた雰囲気とはまったく違って、静寂に包まれていました。

実際、テイクアウトの仕方は、これまでとほぼ同じで、店内は6席あるのですが
3名ずつ店に入って、好きなメニューをオーダーとしっかり対策が組まれています。

テイクアウトメニューはレギュラーメニュー通りですが、
よく張り紙を見てみると、土曜に違うメニューが登場することもあるようです。


今回は「チキン」(850円※マッシュポテト付)と
「キーマ」(900円、プラス50円でマッシュポテト付)をオーダー!
店内には6名いて、私のも含めて12人前くらいのオーダーが入っていたんですが
ものの10〜15分くらいで出てきました〜〜〜〜、ありがたや〜〜〜。

あらかじめ完成間近まで仕込んだカレーをつかって、
注文ごとに仕上げをサクサクとやってくれるので、
ほぼほぼ店内飲食の時と同じ味わいが楽しめちゃう感じです!
「少しでも温かいできたてを食べてもらいたい」という店側のやさしさに感謝!

さっそく帰って実食!

そうそう、このルー!濃厚ダシ、スパイスを限界まで吸い込んだ肉たち
このカレーにこれまでどれだけ勇気付けられてきたことか!

さらに、絶対欠かせないのがこのマッシュポテト!

そして、すべてのおいしさを縁の下で支える
かために炊きあげられて、粗野につがれたライス!

そのすべてが合体して元気100倍カレーライスが
なんと、おうちで、味わえるなんて。

しかも、本日は禁断のあいがけ〜〜〜〜をしてしまいました!
こういう時だからこそ生まれるおいしさもあるんです。

唯一の違いとしては、通常時は辛さが選べるキーマもチキンカレーも、
テイクアウト営業時はあらかじめ辛味を調整しているので辛さの指定はできません。
でもでも、店主に聞いてみたところ「だいたいいつもの2〜3辛くらいで
調整している」とのこと。まぁ、その人が食べるタイミングによって多少違いはあるが、
そこは百戦錬磨の人気店、これまでの経験から、いつ食べてもブレがあまりないように
かなり配慮された、ちょうどいい辛さになっていました。さすが!
※あと付け添えのアチャールはお休みでしたが、マッシュポテトはありましたよ!

【その2】

『ガラム』の店自体からはホームページもSNSも一切メディアを自作しての情報発信はやっていない。そこがすごいところ。なので、開店当初から店内のこのイエローウォール(とカッコよく例えたがキッチンの壁)が唯一の情報発信の場所「最新情報掲示板」になっている。

2日目は営業中に間に合わず、就業後だったのですが、明日出すマトンのカレーの写真撮影と香りをかぐくらいはできるのではないか!?と思い門を叩いてみました。

閉まっていたドアを開けてもらい事情を説明したが「あ〜〜〜、いや〜〜〜まだまだこれからの準備段階でまだまだ全然なんで、ゴメンナサイ!」と残念、空振りに(そりゃそうだよね)。

【その3】

予定通り動けず、この日は間に合わず。こう言う感じで、三密を避けた上で、買えたら買う、それが今の在り方だと痛感。これでいいんです。

【その4】

この日はやはり三密を避けて、タイミングを見計らっておじゃましてみました(涙)。

前回よりもさらに入念な感染対策が取られていてみんなお行儀よくルールを守っているので安心でした。もちろん、みなさん応援の気持ちを込めて訪店しているわけだし、お店もそこに最善の策でおもてなしをしてくれる。三密を避けて、不要不急の外出を避けて、用事がある際の通りすがりに行くようにする、お店にも迷惑を掛けないというこちら側の心配りが、この美味しさを守るためには今絶対に大事だと実感しました。
そして、ホント、束の間の急速的な食事時間、何よりこの美味しさには救われますmm


この日だけの「マトンカレー」(1200円)がありました。
マトンの肉以外はトマト、香辛料、薬味のみ。タマネギ使ってないのスゴイ!

きっと原価はめちゃくちゃかかっているだろうに、そんなこと関係なしの仕込み具合とそのボリュームにびっくり。噛み応え、味わい応えある、超粗挽きマトンのコクと旨味がスンゲーーーーーウマイ!このご時世にこの幸福感を庶民価格で感謝!

前回、頼まなかった「ガラム」(900円※マッシュポテト付)も買って…もちろん、禁断のあいがけ(このあいがけは「愛がけ」と呼びたくなるほど幸福感倍増!)でいただきました!

ちなみに、この『ガラム』。『ガラム』の中では一番辛味が強いメニュー(通常時も辛さの調整は不可)。なので「まだ食べたことがない!」とか「1回だけ食べたけど…やっぱりキーマかな!?」って人が多いんですが、「通は結局コレに戻っちゃうんですよね〜」っていう辛味と旨味と風味の強烈な三位一体がクセになっちゃう逸品なので、ぜひ機会があればお試しを。


まぁ、空振りしながらも4回通ってみて感じたことは
この『ガラム』テイクアウト限定営業はありがたかったです。
この営業ができなくならないように私を含めお客側がそれぞれ考えて行動しないといけないとも感じました。当然、カウンターで出来立てを食べる日が待ち遠しいのですが、
なんたって、禁断のあいがけ(愛がけ)が思う存分楽しめるんだもんね。これもまたよしとしよう。しかも多めに注文して冷凍ストックなんてこともできちゃうから、
これでいつ何時でも、明日へのおいしい活力がもらえるってもんだ。

早くカウンターで食べられる日が来ることを願いつつ!
助かる!助かるよ!ガラム!
ありがとう!ガラム!

※もし立ち寄られる際は、くれぐれも不要不急の外出と「三密」を避け、ソーシャルディスタンスを保ち、安全安心なテイクアウトグルメエチケットを守ってくださいね!

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

『GARAM(ガラム)』

住所:福岡市中央区高砂1-7-4
営業時間:5/6まで12:00〜15:00頃
定休日:日・水曜

掲載の内容は取材時のものです。取材日と記事公開日は異なる場合があり、メニューや価格、営業時間、定休日など取材時と異なる場合がありますので、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお願いします。

街活netお得な情報はこちらから

おけいこnetふくおか

おいしいnetふくおか

きれいnetふくおか

雑貨とインテリアnetふくおか